アニメ「おそ松さん」アニメ化決定 赤塚不二夫生誕80周年記念作品

 

ティザービジュアル_宣伝用「ギャグ漫画の王様」と謳われた漫画家・赤塚不二夫が週刊少年サンデーで1962年に発表するや、爆発的大ヒットとなった「おそ松くん」。単行本の累計発行部数が一千万部を超える伝説のギャグ漫画が、赤塚不二夫生誕80周年を記念してTVアニメ化されることが決定しました!
1988年度版以来27年ぶり、3度目のアニメ化となる本作で描かれるのは、なんと、「おそ松くん」が成長して大人になった「おそ松さん」。また、6つ子の長男である主人公のおそ松を、櫻井孝宏が演じることも解禁されました。さらに、この度公開されたティザービジュアルで、その大人になった姿が初披露となった6つ子全員から待望のアニメ化に向けたコメントも到着いたしました。

TVアニメ「おそ松さん」は、松野家に生まれた6つ子が主役のハイテンション・コメディー。
登場人物は、6つ子の他にも、彼らが憧れる女の子トト子、何があってもへこたれないチビ太、
「シェー」と叫ぶギャグが国民的流行語にもなったイヤミ、縦縞模様のパンツが印象的なデカパン、
口癖がそのまま名前になったダヨーンなど、あの頃と同じ強烈なキャラクターが勢揃い。
大人になった6つ子たちの魅力を描くのは、「銀魂」などの藤田陽一監督。キャラクターデザインに、「劇場版ドラえもん」総作画監督を務めた浅野直之など実力派スタッフが脇を固めます。

公開されたティザービジュアルは、ベランダで6つ子が勢揃いしたシチュエーションが描かれたもので、大人になった今でもおそろいの服を着て同じ家に住んでいるという仲の良さが伺えます。
小さい頃からやんちゃでイタズラ好きの6つ子が大人になり、現代でどんな騒動を繰り広げるのか、今後の動きにも大注目です!

●6つ子たちからのコメントが到着

・おそ松
「これ上手くやりゃぼくらもモテるんじゃないの?いっちょやってみよー!」
・カラ松
「ここは気合い入れて決めるしかねーだろ。俺の活躍がキーになるな…」
・チョロ松
「いやいや何やってくれてんだよっ!僕ら無職だよ!?荷が重いって!!」
・一松
「売れるわけないよね、いい大人がそろってやる事これ?バカなの?」
・十四松
「視聴者のみなさーーん!!昭和より我々帰ってまいりましたーー!!」
・トド松
「ぼくも一生懸命やるから、みんなよろしくねっ!」

●赤塚先生の名言
遊ぶときは、徹底的に遊ぶこと!! これがぼくのモットーだ」
(出典:「ギャグほどステキな商売はない」/広済堂)

 

<キャスト>
櫻井 孝宏 / おそ松
ほか

<スタッフ>
原作:『おそ松くん』 赤塚不二夫/「週刊少年サンデー」(1962年~1969年)他で連載
監督:藤田 陽一
キャラクターデザイン:浅野 直之
シリーズ構成:松原 秀
美術監督:田村 せいき
色彩設計:垣田 由紀子
撮影監督:福士 享
編集:坂本 久美子
音楽:橋本 由香利
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:菊田 浩巳
音響制作:楽音舎
アニメーション制作:studioぴえろ

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 

キーワード:

『Dimension W』TVアニメ化決定
アニメ『干物妹!うまるちゃん』第1話先行場面写真...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.