快挙!! 映画『ベクシル-2077日本鎖国-』、ロカルノ国際映画祭にてオープニング上映決定!!

 


8月18日(土)より全国公開される、話題の3DCGライブアニメ『-2077日本鎖国-』。
すでに世界75ヶ国での公開が決定しており、世界中から注目を集める本作だが、今回、8月1日(水)にスイスで行われる第60回ロカルノ国際映画祭オープニング上映作品として、ワールドプレミア上映されることが決定した。

ロカルノ国際映画祭とは、1946年より始まり今年で60回目を迎える世界10大映画祭の一つ。1995年にはトータル観客数が150,000人を数え、7,000人を収容できるヨーロッパ最大の野外シアターPiazza Grande(ピアッザ・グランデ)が有名。近年では、『MATRIX』『X-MEN』のインターナショナルプレミアがここで上映され、伝統と“ヤング・シネマ”を結合した“ニュー・シネマ”を打ち出している。

この歴史ある国際映画祭での上映作品に選ばれたのは、邦画では『ファイナルファンタジー』以来の大快挙!! 8月1日当日は、本作品のオープニング上映に合わせて曽利文彦監督の登壇があり、主題歌を歌うminkの「Together again」(avexより8月8日発売)の英語版が初披露される。
さらに8月9日(木)には、日本凱旋を果たす本作のジャパンプレミアで曽利監督、主演の黒木メイサ、谷原章介、松雪泰子が登壇予定となっている。

3DCGライブアニメ『ベクシル-2077日本鎖国-』
8月18日(土)より松竹系にて全国ロードショー

<STORY>21世紀初頭、世界市場を独占し、最先端を極めた日本のロボット技術は世界から危険視され、国際規制の対象となった。これに猛反発した日本は2067年に国際連合を脱退、遂にハイテクを駆使した完全なる鎖国を開始し、日本は厚いベールに包まれた。また、それから10年本当の日本を見た外国人は誰もいなかった。
2077年、米国殊部隊“SWORD”のベクシルが日本潜入に成功。そこで彼女がみたのは荒野と化した日本だった。いったい、日本に何が起きているのだろうか?

<CAST>
ベクシル:黒木メイサ
レオン・フェイデン:谷原章介
マリア:松雪泰子
サイトウ:大塚明夫
タカシ:朴王路美(※「王路」は王ヘンに路)
リョウ:櫻井孝宏
キサラギ:森川智之
タロウ:柿原徹也

<STAFF>
監督:曽利文彦
脚本:半田はるか、曽利文彦
音楽:ポート・オークンフォールド
制作:OXYBOT
配給:松竹
(c)2007「べクシル」製作委員会

【関連リンク】 
『ベクシル-2077日本鎖国-』 関連ニュース「映画『ベクシル -2077日本鎖国-』の公開日が8/18に決定」

 

キーワード:

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』貞本義行描き下...
『劇場版アクエリオン』今秋全国ロードショー!! ...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.