アニメ「時をかける少女」 公開から10年を記念してリバイバル上映が決定

 

TK10th_rogo

TK10th_rogo

細田守監督『時をかける少女』は、2016年7月15日で公開から10年を迎える。それを記念して、角川シネマ新宿でこの夏、期間限定でのリバイバル上映が決定。
また今回の上映は、DCP フォーマットを使用してのデジタル上映。
細田守監督自身が手がけたデジタルニューマスター版の上映は本作品が初。

【上映情報】

上映日時 2016年7月18日(月・祝)~7月29日(金) ※期間限定上映

上映劇場 角川シネマ新宿 (新宿区新宿 3-13-3)
上映時間などの上映に関する詳しい情報は劇場HPをご参照ください。

角川シネマ新宿 03(5361)7878
公式 HP http://www.kadokawa-cinema.jp/

☆先着入場者特典も決定!
配布アイテム
「公開 10 周年記念!特製ポートレート」
<キャビネ版サイズ・非売品>

公開日より入場者プレゼントとして特製ポートレートを配布(先着・数量限定)いたします。
※キャビネサイズ版<B6 より少し大きめなサイズです>

 

★細田守監督『時をかける少女』とは。
高校 2 年生の紺野真琴は、理科実験室に落ちていたクルミをうっかり割ってしまったことがきっかけとなり、時間を飛び越えて過去に戻る力「タイムリープ」を手に入れる。彼女はさっそく「タイムリープ」の力を試すべく、妹が食べてしまったプリンを食べにいく。自分が“飛べる”ことを確信した真琴は、男友達の間宮千昭や津田功介とカラオケでノドが枯れるまで歌ったり、3 人で何度も野球をして好プレイを連発してみたり・・・。何気ない日常を思う存分満喫するのだった。何があっても大丈夫、また戻ればいい、何回でもリセットができる。そんな楽しい毎日が続くはずだった。千昭が真琴に「俺とつきあえば?」と告げるまでは。Time waits for no one.(時は人を待たない)。「タイムリープ」を繰り返し、残り回数が底をついたとき、真琴は自分にとって一番大事なかけがえのない時間がそこにあったことに気づくのだった・・・。1965 年に小説家・筒井康隆によって執筆されたジュブナイル小説の 7 度目の映像化。原作から数十年後を舞台に、原作の主人公・芳山和子の姪である紺野真琴を主人公とした。公開当初は公開館数も全国で7館と小規模であったものの 8 ヶ月を超えるロングランを記録。最終的に上映館数は延べ 100 館を超えた。第 30 回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第 31 回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門特別賞など、国内外で数々の賞を受賞した。

(C)「時をかける少女」製作委員会 2006
★「時をかける少女」 公式 HP → http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/

 

キーワード:

アニメ『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBE...
アニメ「きんいろモザイク」スペシャルエピソード...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.