『超機動街区 KASHIWA-NO-HA』始動 柏の葉スマートシティが全世帯を搭乗させた超弩級ロボットにトランスフォーム!?

 

パークシティ柏の葉キャンパス一番街千葉県柏市に実在する、柏の葉スマートシティ。そのコンセプトである「世界の未来像を作る」に基づいた映像コンテンツ『』が、第86回米国アカデミー賞 短編アニメーション部門ノミネート作品『九十九』制作チーム森田修平(監督)・中村豪希(美術監督)・桟敷大祐(キャラクターデザイン)に佐藤大(脚本)を迎えたチームの手により、2015年10月1日(木)始動。

『超機動街区 KASHIWA-NO-HA』は、“自分たちの街がロボットだったら?”と子どもの頃に空想したであろうあの思いを、実在する街を使い再現した3DCGアニメ作品です。
舞台は、未来に実現すべきスマートシティのあり方を先取りする形で、実験的な取り組みをおこなっている「柏の葉スマートシティ」。
“マンションの購入を検討している4人の家族”と、“住民たちの気持ち「民意」がシンクロしてひとつになったときに、ロボットに変身(トランスフォーム)するマンション”を中心に、少しだけ発想を未来にトリップさせた世界観を描く全3話のショートムービーです。
ロボの設定も、柏の葉スマートシティならでは。
2009年竣工のマンション「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」をモデルにした『一番街機』は、肩部分には、夕方から夜間に光輝く通称「ティアラ」を装備し、2009年より様々な課題に対して安定した働きをみせる大型ロボット。A~E棟の総戸数977世帯を搭乗させることができるなど、実際の建物・施設を設定に、昨今のご当地キャラクターとは一線を画した表現で、独自の街のイメージを展開します。
制作陣は、第86回米国アカデミー賞 短編アニメーション部門ノミネート作品『九十九』を手掛けた森田修平さんを監督に迎え、脚本に佐藤大さん、デザインに桟敷大祐さん、美術監督に中村豪希さんと、アニメーション界の錚々たる顔ぶれが結集。彼らが今回のために書き下ろした完全オリジナル作品です。また、中村悠一さん、森川智之さん、坂本真綾さんら豪華声優陣を起用。本作を盛り上げます。
本作はコミックとも連動。映像コンテンツ第1話配信に合わせ、新進気鋭の漫画家文尾文さんが手掛けるコミック第1話を同日10月1日、第2話を10月8日に配信いたします。

【作品概要】
[スタッフ] 監督/森田修平、脚本/佐藤大、メカニックデザイン/柳瀬敬之、キャラクターデザイン/桟敷大祐、美術監督/中村豪希
[キャスト ] たかし/中村悠一、ユウコ&エイタ/坂本真綾、自治会長/森川智之
[公開サイト] オフィシャルサイト (10/1より) http://kashiwanoha-robot.jp/
Youtube https://youtu.be/vkMCfNd993s
柏の葉スマートシティサイト http://www.kashiwanoha-smartcity.com/
(C)YOMIKO・YAMATOWORKS

 

キーワード:

「太田貴子のドキドキ倶楽部」に二階級制覇チャン...
webラジオ『たくろあ航海日誌』復活&アニメ『スト...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.