浜松市のマスコットキャラに『天才バカボン』のウナギイヌ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

5月18日、政令指定都市・浜松の誕生を記念して、当市のマスコットキャラクターに「ウナギイヌ」が選ばれた。
選定理由として、“浜松といえば「うなぎ」”というイメージに合うことに加え、
・浜松をイメージさせるキャラクター
・世代を問わず愛着を持たれるキャラクター
・知名度や認知度のあるキャラクター
の条件を満たしていることから選ばれたようだ。
さらに浜松市では、「幸せを呼び込み、幸せを発信する」という願いを込めてウナギイヌを“福”市長に任命した。

ウナギイヌは、赤塚不二夫原作の漫画『天才バカボン』に登場する父がイヌ、母がウナギという架空の動物キャラクターで、浜名湖出身という設定。
体はウナギ、顔はイヌという風貌で、人間の言葉を理解することができる。
語尾に「ワンワン」をつけて話すのが特徴だ。

“福”市長に任命されたウナギイヌであるが、他にも思いやりのある仕事を行っている。
1999年からテレビ東京系列で放映された『レレレの天才バカボン』の冒頭で登場して「こんばんは、ウナギイヌですワン。バカボンを見るときは、部屋を明るくして、テレビから離れて見てください。」と視聴者の健康を気遣う大役を担っていたのだ。
まさしくウナギイヌは“福”市長に最適な人材(イヌ材・ウナギ材か?)といえるだろう。

ところで、みなさんは「バカボン」の語源をご存知であろうか。
「バカボン」の語源にはいろいろな説がある。
「バカなボンボン」から由来する説、「バガボンド=放浪者」からきたとする説、そして仏教語の「婆伽梵=釈迦」からきているという説もある。
赤塚不二夫氏自身は「バカなボンボン」説を言及している。

【関連リンク】
浜松市 公式サイト

アニメ大辞典で『天才バカボン』の情報を見る
『天才バカボン』関連商品をamazon.jpで検索 style=

 

キーワード:

TBSで『山田太郎ものがたり』のドラマ放送決定
ドラマCD新レーベル「Anchusa」公式サイトオープン...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.