“スタジオジブリ”の今を描いた映画「夢と狂気の王国」11月16日公開

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Image_003国民的アニメーションスタジオ“スタジオジブリ”の今を描いた映画「夢と狂気の王国」の公開が11月16日(土)に決定した。

本作は、初監督作品「エンディングノート」(11)が話題となり、数々の新人監督賞を受賞した砂田麻美が伸びやかに描く、唯一無二のスタジオジブリの新たな物語。

劇場用ポスターのビジュアルは、宮崎駿監督がレイアウトしたメインビジュアルを基にMr.children、ゆず等のアートワークをはじめ、多岐にわたるアートディレクションを手がけているgoen°主宰のコミュニケーションディレクター森本千絵がデザイン。

映画「夢と狂気の王国」作品概要
2013年、東京•小金井。碧々とした緑に身を隠すようにして、国民的アニメーションスタジオの“スタジオジブリ”は存在している。
宮崎駿、彼の先輩であり師匠である高畑勲、そしてふたりの間を猛獣使いのごとく奔走するプロデューサー、鈴木敏夫。
観客のみならず、世界の映画関係者やアニメーションの担い手たちにも多大な影響を与え続けてきたジブリの功績は、この天才たちによって紡がれ続けている。彼らの平均年齢は71歳。
「風の谷のナウシカ」制作よりはるか以前、今から50年前に高畑と宮崎は出会い、鈴木が合流したのが30数年前。かくも長期に亘り苦楽を共にしてきた彼らの愛憎、そして創作の現場として日本に残された最後の桃源郷“スタジオジブリ”の夢と狂気に満ちた姿とは…。
砂田麻美監督プロフィール
1978年東京都出身。慶応義塾大学在学中よりドキュメンタリーを学び、卒業後はフリーの監督助手として是枝裕和監督、河瀬直美監督、岩井俊二監督らに師事。ガンを患った自身の父親の最期に迫った初監督作品「エンディングノート」(11)は、一種の社会現象を起こし数々の新人監督賞を受賞した。
【主な受賞歴】第28回山路ふみ子 文化賞 / 第36回報知映画賞 新人賞
第52回日本映画監督協会新人賞 / 第62回芸術選奨文部科学大臣新人賞 他

脚本・監督:砂田麻美 プロデューサー:川上量生
製作:ドワンゴ 音楽:高木正勝 協力:スタジオジブリ 制作:エネット 配給:東宝
2013年/日本/カラー/デジタル ©2013 dwango yumetokyoki.com

 

「機動戦士ガンダム 第07板倉小隊」第5期放送決定
BIGLOBEが夏期アニメの実況ツイート数ランキングを...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.