井上麻里奈が叫ぶ!? 釘宮理恵、遠藤綾らによるキャストコメントが到着、ドラマCD『SH@PPLE』8月14日発売予定!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ユキグニ、女子校へ? 男女の双子が入れ替わるシャッフルラブコメディ!
以前、お伝えした富士見ファンタジア文庫の人気ライトノベル『SH@PPLE』のドラマCDからキャストコメントが到着した。
双子の主人公による、男女入れ替わりスラップスティックストーリー。この魅力を表現する為に、淡谷雪国・舞姫姉弟は同一キャストに。また、シナリオもどこにも発表されていないオリジナルのエピソードを書き下ろす等、ファン必聴の作品となっている。
小説の中では見ることのできないあんなシーンやこんなシーンの数々を、所狭しとキャラクター達が暴れ回っている、ドラマCD『SH@PPLE』。出演キャストである井上麻里奈さん(淡谷雪国役・淡谷舞姫役)、釘宮理恵さん(一駿河蜜役)、遠藤綾さん(蝶間林典子役)、伊藤静さん(久我原さゆね役)、小清水亜美さん(古葉鳥子役)から収録直後のコメントが届いているので、ここでご紹介しよう。

――収録後の感想をお願いします。

井上麻里奈さん(以下、井上):雪国も舞姫も素敵なキャラクターですので、演じていてすごく楽しかったです。
ただ実は、収録前は少し不安もあったんです。
以前に、ドラゴンマガジンさん(7/18発売号)の付録用のドラマCDを蜜(役の釘宮さん)と二人だけで収録をさせていただいたんですが、舞姫を掴みきれていなかったので…。
無事に収録を終えることができて、ホッとした気持ちもあります。

釘宮理恵さん(以下、釘宮):私もすごく可愛らしいキャラクターを演じさせていただきまして、とても楽しかったです。
作品全体に漂っている、優しくてあたたかい雰囲気がとっても好きです。

遠藤綾さん(以下、遠藤):可愛くて、面白いお話だなとすごく思いました。
今回のドラマCDを聴いて皆さんがどのようなご感想を持たれるのか楽しみにしています。

伊藤静さん(以下、伊藤):私も作品から柔らかさやあたたかさを感じまして、すごくいい雰囲気の作品だなぁと思いました。
私の演じたさゆねというキャラは、いい感じのツボを突く子でして、演じていてすごく面白かったです。雪国と一緒にいるときはツッコミ役にもなりますしね(笑)。
一人上手な感じでした。

小清水亜美さん(以下、小清水):鳥子ちゃんはすごく可愛らしくて、女の子らしい女の子だなと感じました。感情移入しやすいというか、「こういうところ共感するなぁ」なんていうところも多かったです。演じていて楽しかったです。


左から伊藤静さん、井上麻里奈さん、釘宮理恵さん

――今回のドラマCDの聴きどころや、オススメのポイント等をお願いします。

井上:そうですね…。

――井上さんはやっぱり雪国と舞姫の2役を演じ分けられているところでしょうか?

井上:無事、演じ分けができているのかどうかを、皆さんに確認していただければと思います。
もし、「なってねぇぞ!」というお叱りがありましたら、ちゃんと受け止めますので(苦笑)。

釘宮:う~ん、でも聴いていてすごかったですよ。
一人で演じているということを感じさせなかったので、「すごいな~」って。
しかも、雪国と舞姫が一緒にいるところでも、ほとんどまとめて収録をしていたんですよ。
ドラマCDを聴く皆さんもそこを意識して、注意深く聴いていただければと思いました。

井上:いえ、かるく…ホントかる~い気持ちで、聴いていただけると嬉しいな…。

伊藤:そうですね。やっぱり雪国、舞姫の一人二役のところですよね。現場で聴いていても、ちゃんと2キャラ別々の存在を感じるくらい、はっきり!素晴らしい演技が!!

井上:わぁぁぁぁ~! 鬼だ~! みんな鬼だ~!!ドSだよ、ホント~!!

(一同爆笑)

伊藤:というわけです。私としては、雪国と蜜とのシーンを聴いていただければと思っています(笑)。

――釘宮さんとしては、蜜の聴きどころはどこでしょうか?

釘宮:食べ物の名前をですね、いっぱい言えたところです。でも結局…(苦笑)。ですから、蜜は幸せな感じになれたのかな? なれていないのかな?そんなアップダウンなところを、楽しんでいただければと思います。


小清水亜美さん(左)、遠藤綾さん(右)

――典子についてはいかがでしたでしょうか?

遠藤:典子は、キャラの名前とイラストを見た感じですと典型的な「お嬢様」という感じですが、そういう方向だけのキャラではないんですよね。
収録を通じて、柔らかいところもウィットなところもある、ふり幅を広く取れる女の子なんだなと感じました。誰が相手かによって微妙に変わる雰囲気に注目です。
特に、蜜と一緒のときの典子は可愛いですよ!

――伊藤さんとしては、さゆねの聴きどころはどこでしょうか?

伊藤:さゆねは、雪国とか舞姫とかと一緒にいるときも面白いんですけど、一人上手なところが私的に一番面白かったですね。それ以外では、ホント、SECの3人がすごく個性的で面白かったです。特に芝目とさゆねのかけ合いのシーンに気合を入れていますので、是非聴いてもらえればと思っています。個性豊かなキャラクターばかりですので、それぞれお気に入りのキャラを見つけてもらえればなと思います。

――ドラマCDでの鳥子についての印象はいかがでしたでしょうか?

小清水:メールを通して恋バナをしている姿は、「あれが自然な鳥子ちゃんなのかな?」と感じるシーンでした。鳥子ちゃん的にはそこが一番の聴きどころです。
原作が好きだからドラマCDを聴かれる方が多いかと思いますが、音声を通して、改めて作品と鳥子ちゃんを好きになっていただけたら嬉しいなと思います。

――お疲れ様です。皆様、コメントありがとうございました。

【CD情報】
ドラマCD『SH@PPLE』
原作:竹岡葉月 (富士見ファンタジア文庫刊)
イラスト:よう太
形式:ドラマCD1枚組
発売予定日:2009年8月14日発売予定
構成内容:オリジナルドラマ
価格:3,150(税込)
品番:MMCC-4210
初回特典:B2告知ポスター

【限定版】
コミックマーケット76と、マリン・エンタテインメント通信販売で販売予定。
価格:4,000(税込)
限定版特典:オリジナルCD-ROM・小冊子&B2告知ポスター
※B2告知ポスターは通常のドラマCDの初回分と同じものです。
※※コミックマーケット76では、B2告知ポスターなしで発売致します。

【STORY】
双子の雪国(♂)と舞姫(♀)はフツーの中学三年。
雪国は名門女子校の美少女に一目惚れ。
接近のチャンスなどない……はずだが、
女子校の生徒会長である舞姫に
大胆にも「入れ替え」を提案されバラ色の生活を目指す!

【CAST】
淡谷雪国/淡谷舞姫:井上麻里奈
一駿河蜜:釘宮理恵
蝶間林典子:遠藤綾
久我原さゆね:伊藤静
古葉鳥子:小清水亜美



【関連リンク】
「富士見ファンタジア文庫」原作ドラマCD特集サイト:http://www.marine-e.co.jp/sakuhin/fujimi/

富士見ファンタジア文庫の人気ライトノベル『SH@PPLE』『ひめぱら』がドラマCD化決定!

© 2008,2009 Hazuki Takeoka, Youta/Fujimishobo

 

キーワード:

オンラインRPG『エミル・クロニクル・オンライン』...
富士見ファンタジアの人気作品『H+P ―ひめぱら― ...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.