いよいよ放送開始のTVアニメ「閃光のナイトレイド」の魅力を吉野裕行さん、浪川大輔さん、生田善子さん、星野貴紀さんの4人が語る!

 

 「アニメノチカラ」プロジェクト第2弾としてこの4月からスタートする「閃光のナイトレイド 」は、1930年代の魔都・上海を舞台に描かれるスリリングなスパイアクション作だ。活躍するのは特殊スパイ組織“桜井機関”に属するそれぞれ違った能力を持つ4人の男女。今回は第一話の収録を終えたキャスト陣にキャラクター、そして作品の魅力を伺った。

――まずはご自身の演じるキャラクターについて教えてください。

三好 葵役・吉野裕行さん(以下 吉野):三好葵は非常にリベラルな価値観の持ち主です。この時代の人にしては物事に対してフランクで、考え方が柔らかいんじゃないかという印象を受けました。特殊な能力としては、時間制限がありますが、サイコキネシスが使えます。

伊波 葛役・浪川大輔さん(以下 浪川):葛は葵君と非常に対照的で、クールでカタブツなキャラクターです。あまり動揺もしないし、ちょっととっつきにくい感じの印象を受けるんじゃないかなと思います。能力的にはテレポートを使えるんですが、葛自身はあまり使いたがらない……能力に頼りたがらない感じです。この能力にも1日3回まで、という制限があります。

苑樹雪菜役・生田善子さん(以下 生田):雪菜はお嬢様で凜とした厳かな感じの部分と、ちょっとおっちょこちょいな部分が見え隠れしてギャップのあるキャラクターで、その二面性がカワイイなぁと思っています。能力としてはサイコメトリングで、モノや人に触れることで記憶や心を読むことができます。雪菜は能力発動に集中したいときには花の匂いを嗅ぎます。

鍵谷 棗役・星野貴紀さん(以下 星野):棗は幼い頃から苑樹家に従者として仕えていて、雪菜とは長年の付き合いなんですが、その中で能力に覚醒しました。作中でも雪菜と一緒に行動することが多くて、お互いの能力を上手に引き出している良きパートナーだと思っています。キャラクターとしては寡黙で長身痩躯。農家出ということで、僕も近しいものを感じながら演じています。

――第一話を演じてみての感想をお聞かせください。

吉野:中国語が大変でした。言葉を扱う仕事をしていますが、母国語以外の言葉で話すというのはハンパじゃないなと思いました。ちゃんと伝わってくれればいいなと思いますし、キャラクターとのズレがあまりないといいなというのが本音です。作品的には時代が時代なので、独特な雰囲気があり、テンポ良くまとまっているんじゃないかと思います。まずは1話を観ていただければ、どんな感じの物語になるのかわかるんじゃないかと思います。

浪川:新しいことに挑戦するという作品なのかなという印象を受けました。作品としては史実に基づいている部分もあって、避けられないところ――中国語であったり、ドイツ語であったり、ロシア語、そういった外国語は今後、高いハードルになっていくんじゃないかなと思います。歴史をベースにした作品はたくさんありますが、上海を舞台にしたアニメは珍しいんじゃないでしょうか。雰囲気はかなり大人な感じですが、アクションも多いので観やすいですし、良い意味で異作になればいいなと思います。

生田:私はアフレコ自体がこの作品が初めてなので、自分のセリフの直前にマイク前にダッシュという場面も多々あり(笑)、すごくテンパっていて大変でした。今回は外国語がなかったにもかかわらずいっぱいいっぱいだったので、この後外国語が出てきたらどうなるのかなと(笑)。今は演じることに精一杯なので、2話、3話と進むにつれてもっと成長したいと思っています。早く雪菜というキャラクターを掴みたいです。

星野:外国語の挑戦はもちろん、この作品を観て貰うことでこの時代に興味をもっていただいて注目していただけたら、もっと楽しみが広がるんじゃないかなと思います。

――この作品の魅力をひとつあげるとしたらどこだと思いますか?

星野:超能力スパイアクション!

浪川:ひとつ気になるところとしては、棗はただの遠視なんじゃ?っていうとこですね(笑)。4人でそれぞれの能力を使いあって、協力しながらミッションをクリアしていくところもいいですよね。

生田:アクションシーンが多くて迫力があるアニメになるんじゃないかなと思います。

吉野:歴史も一つの魅力ですね。ちょっと堅い感じだと思う方もいるかもしれませんが、そこはアクションシーンが飽きさせないと思います。当時の日本や諸外国との関係も知ることができますし、エンターテイメントとしても楽しんでいただけるんじゃないかと思います。

――浪川さんに質問です。70年前の軍人という設定ですが、そのあたりはどんな風に意識されていますか?

浪川:軍人を意識して演じるというよりは、その雰囲気が出ればいいなと思いながら演じています。軍人を前面に出してしまうと他の皆さんとのバランスがとれなくなるので、軍人っぽさというか、バックグラウンドとしてそれが見えてくるぐらいの芝居を意識ています。例えば曲がったことがきらい、という部分が軍人らしさに繋がるかもしれませんし、そういう意味では何か芯のある部分をキャラクターに持たせたいと思っています。

――吉野さんに質問です。リベラルな価値観を持ったキャラということですが、この時代の特殊機関に所属する人物としてはかなり異質だと思います。そのあたりはどのように演じていらっしゃるんでしょうか?

吉野:現代の僕たちの話し方とはまた違うと思いますが、この時代のフランクさを意識しています。ただ、他のキャラクターとのバランスや作品の設定がしっかりしているので、僕が注意することはほんのちょっとなんです。そのさじ加減だけですね。

――生田さんに質問です。雪菜はどういうイメージで演じていらっしゃいますか?

生田:やはり品があるキャラクターだと思うので、ゆっくり穏やかにしゃべるように意識しています。ただ、今回、私が雪菜というキャラクターに近づこうというよりは、 “もしこの役が私自身だったら”とキャラを自分のほうに近づけるよう意識して演じています。

――星野さんに質問です。農家の出身というスパイものには珍しい設定ですが、そのテイストをどのように入れているんでしょうか?

星野:農家の出身ではありますが、小さな頃から苑樹家へ奉公に出ていますし、その事実も他のメンバーには秘密になっているので、棗を演じる上では過去にはとらわれず、今スパイとして活動していることに重きを置いています。

――雪菜から見て、棗に対しての印象や感想を教えてください。

生田:子供の頃からずっと面倒をみてくれていたと思うので、そばにいるだけで安心感はあると思います。棗は無言実行というか、彼に任せておけば大丈夫という雰囲気があるので心強い存在ですね。

――葵、葛はコンビとして、お互いのキャラクターにどんな印象を持っていますか?

浪川:葵には、器の大きさを感じます。実は葛は葵に踊らされてるんかないかと思うくらいです。僕たちふたりは肉弾戦が多いんですけれど、葵は良いタイミングで登場することが多いんですよね。さすが主役というか(笑)。そのあたりの包容力は魅力的ですね。

吉野:葛は真面目にミッションをこなすなぁと(笑)。葵として葛を見ると、やっぱり融通がきかないですし、つっかかることが多そうですね。でも、戦闘シーンを見ていると、浅いコンビの割には息が合っているので、心配なさそうだなと思います。

――生田さんは今回が初のアフレコとのことですが、今後目指したい役者像などはありますか?

生田:今までにないタイプの役者になりたいと思っていますので、コメディ的な役から悪役まで、なんでもこなせるようになりたいと思っています。

浪川:声自体も魅力的ですし、一生懸命な姿勢は見習わないと……と思いますね。

吉野:僕たちよりかなり若いですから、エネルギーを感じますし、ハートがすごく強いですよね。

星野:元気が良くて、根が真面目なんだなと感じました。これからに期待が持てると思います。

――最後にファンの皆様へメッセージをお願いします。

星野:4月からいよいよ放送が始まります。これまでなかなか取り上げられることのなかった1930年代の魔都・上海に、スパイながら光を当てていこうと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。

生田:歴史をテーマにしたシリアスな作品ですが、アクションあり、ちょっとほのぼのしたシーンあり‥と、すごく楽しめる作品になっていると思います。この作品とともに、私も成長していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

浪川:真剣にひとつのモノを皆で作り上げていくという気概が感じられる作品ですので、ぜひ皆さんにも真剣に観ていただけたら嬉しいです。この作品は1話見逃すとずっとわからなくなってしまうかもしれまsねんので、まずは第一話!ぜひ見逃さずに観てください。

吉野:この時代をリアルに描きつつ、アクションにも力を入れています。ミッションをこなしていく中で、桜井機関の正体や目的が次第に明らかになっていくと思います。アニメーションなので、堅苦しく考えず、気軽に観ていただければ嬉しいです。ぜひ皆さんも僕らと一緒にこの時代のことを一緒に勉強していきましょう。カタコトの外国語も勘弁な!(笑)

『閃光のナイトレイド』
テレビ東京・4月5日より毎週月曜 深夜1時30分~
テレビ愛知・4月7日より毎週水曜 深夜1時58分~
テレビ大阪・4月9日より毎週金曜 深夜2時35分~
BSジャパン・4月11日より毎週日曜 深夜0時05分~

【STORY】
魔都と呼ばれた1930年代の上海。雑多な人種や国籍、階層、さまざまな人々が入り乱れる混沌とした、だがエネルギー溢れるその街で、日本人の財閥が誘拐されるという事件が起こる。駐留する日本軍との武器取引を目論む地方軍閥の仕業らしい。人質を救出すべく、軍閥の本拠に潜入する四人の若者たち。葵、葛、棗、雪菜、とそれぞれに花の名を冠し、桜井機関と呼ばれる諜報機関に属する彼らは特殊な能力を持っていた。

【STAFF】
原作・制作:A-1 Pictures
監督:松本淳
キャラクター原案:上条明峰
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
メインライター:大西信介
音楽:葉加瀬太郎、門倉聡
音響監督:山田稔
美術監督:谷岡善王
美術設定:金平和茂
メカ・プロップデザイン:常木志伸
撮影監督:那須信司
助監督:ヤマトナオミチ
色彩設計:中島和子
製作:閃光のナイトレイド製作委員会

【CAST】
三好葵:吉野裕行
伊波 葛:浪川大輔
苑樹雪菜:生田善子
鍵谷 楓:星野貴紀

【関連リンク】
オフィシャルサイト: http://www.1931.tv/

アニメ作品特集[ 閃光のナイトレイド ]

【関連商品】
「閃光のナイトレイド」関連商品を見る→ style=

© A-1 Pictures/閃光のナイトレイド製作委員会

 

いよいよ放送直前!TVアニメ「kiss×sis」アフレコ...
「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD第2巻キャス...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.