『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』最終クールEDを歌う中川翔子にインタビュー!

 

2010年4月4日から、いよいよ最終クール(5クール目)に突入したTVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』。そのエンディングテーマが、“しょこたん”こと中川翔子さんの「RAY OF LIGHT(レイオブライト)」だ。

シングルが8連続でオリコンベスト10入りを継続中で、3月10日にはアニソンカバー企画第3弾「しょこたん☆かばー3~アニソンは人類をつなぐ~」にて初のプロデュースを行ったしょこたん。「RAY OF LIGHT」は2010年第1弾となる11枚目のシングルとして2010年4月28日に発売される。
また、4月1日からは3度目の全国ツアーもスタートし、ますます勢いに乗るしょこたんは「RAY OF LIGHT」で初の作詞を行った他、アニメ本編でも第55話に出演することが決定。そのアフレコ終了後に、お話を伺うことが出来た。

――最終クールのエンディングテーマに決定した今のお気持ちや意気込みをお聞かせください。

中川翔子さん(以下 中川):本当に嬉しさで絶叫してしまいました。「やったー!」と本当にもう震え、ジャンプして、大絶叫してしまいました! 本当に嬉しくてオタク友たちや社長や学校の先生にもメールしてしまうほど嬉しい出来事でした!
いちファンとしても、作品と歌の結びつきがいかに大事かということをすごく感じていましたし、初めて自分だけで作詞をしたことも初めてなんですが、それがいきなり『鋼の錬金術師FA』で使われ、しかもシリーズの大トリということで、これまでのストーリーや主人公の葛藤も絡むところになり、本当に緊張しましたが、超えなければいけない壁だ、しっかりしたものをださないといけない、戦いだ!と思ってワクワクしながら挑ませていただきました。本当に嬉しいです!

――第55話のアフレコにも参加されたそうですが。

中川:女性職員Bという役でした。『鋼の錬金術師FA』はキャラクター一人ひとり、誰が主人公になってもおかしくないぐらい個性が様々でそれぞれの人生も伝わってくる作品なので、きっと女性職員Bにも様々なドラマがあると想像して挑みました。
NGも出ました(笑)。「もっと軍人としての雰囲気を!」と指導していただき、気を引き締め直し、ようやくOKがでました。
オンエアは5月2日で、誕生日が5月5日なので、最高の誕生日プレゼントになりました。歌でもアフレコでも『鋼の錬金術師FA』という大好きな作品に関わらせていただいて嬉しいです。

――登場人物の中で中川さんが好きなキャラは?

中川:たくさんいるんですが、ヒューズさんですね。子煩悩で奥さんのことをメロメロに愛していて、戦う時には真面目に戦う、あんな方と結婚出来るなら嬉しいですけど、片想いするならエドかな(笑)、と思います。

――今回作詞をされたそうですが、そのポイントは?

中川:エドと父親のホーエンハイムの関係性が特殊だと思うんですね。エドが幼いころから父がいなかったことに対する葛藤があったけれど、父と同じ錬金術師の道を歩んだことに、私と父との関係性に似たところがあるかな、と思ったんですね。なので、自分の経験も重ねたんですね。私自身も葛藤もあったんですが、歌を歌うようになっていて、コンサートを初めてやったときに、憎むことだけではなく、少し近づくようなことが出来た気がして、「ああ、長い反抗期が終わった瞬間かもしれないな」と思った瞬間に、光を感じた気がしたんです。でも、まだまだ悩みは続いていくと思いますし、答えはでないかもしれないんです。答えの出ていないことを言葉にするのは難しかったですけれど、物語が終わってもエドの人生の旅は続いていきますし、ホーエンハイムのこともずっと考えていくことなんだと思うので、そんなエドの姿を想像しながら聴いていただけたらと思います。
作詞はすごく難しかったですが、作品の偉大さを感じていますが、この機会があったからこそ、自分自身に向かい合うことが出来たので、いい機会をいただけたと思いました。

――オンエアに合わせてスタートするツアーでも曲は披露されますか?

中川:はい!オンエア開始が4月4日から、ツアーが4月1日からなので、少しだけオンエアより早いお披露目になります。私自身もきっと、ツアーで歌っていくたびに、どんどん自分自身も聴いていただく方もとらえ方が変わってくるのではないかと思っています。これからはますますいろいろな気持ちや情景を錬成して、もっともっと自分の中で育てていきたいと思います。

――中川さんが思う本作の魅力は?

中川:全てが考えても答えが出ないんじゃないかと言う深いテーマがからみ合っていて、人物立てゃその中で生きていますし、日常の中でも「ああ、作品の中で言っていたことってこういうことかのかもしれない」発見があったりして、その深さに驚いています。そしてやっぱりエドはかっこいいし、とても尊敬する作品です!

――ジャケットのラフは中川さんが描かれたということですが。

中川:アニメ盤という、「鋼の錬金術師FA」書き描き下ろしジャケットがあるんですが、詩が書き上がった時に、「ジャケットのイメージが有るんですけど!」と提出したんです。そうしたら、そのラフをもとにアニメスタッフ(ボンズ)の方が綺麗に仕上げていただいて、こんな喜ばしいことはないです!

――中川さんが錬金術師だったら、その二つ名は何がいいですか?

中川:そうですね……やっぱり名乗るなら「貪欲の錬金術」ですね。マスタングさんに「来たのか、貪欲の!」と言われてみたいです(笑)。錬成するなら世の中の道路や家とか自転車を全部ピンクのキラキラにしたいです。代価を支払うとしたら…どんどん老けていきそうですが、日々錬金術が使えればいいな、と思うことがあります。

――最後に、ファンの皆様にメッセージをお願いいたします。

中川:本当に大きなプレッシャーと喜びが一杯で…ギザ嬉しいです!
「RAY OF LIGHT」という曲タイトルは、強い光が指す、というイメージです。人生の中でやるせなくて、心に引っかかっているけど考えることから逃げていたこと…だけど日々が進に連れて、はっ!と光がさして何かに気づく瞬間はあると思ったので、このタイトルになりました!
物語はクライマックスに向けてどんどん盛り上がっていくと思うので、私も楽しみにしています!

――ありがとうございました!


「RAY OF LIGHT」ジャケット (左)初回盤(右)鋼の錬金術師FA盤

「RAY OF LIGHT」
2010年4月28日発売
価格:
初回盤(CD+DVD):1,575円(税込)
通常盤(CD Only):1,223円(税込)
鋼の錬金術師FA盤:1,400円(税込)

【関連リンク】
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 公式ホームページ
http://www.hagaren.jp/

中川翔子 ~しょこたいむ~
www.nakagawashoko.com/

中川翔子関連商品を見る style=

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」関連商品を見る style=

 

キーワード:

『井ノ上奈々のメモオフラジオ』にメモオフ6から...
ドラマCD「グローランサー」 キャストコメント到着!
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.