「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD第2巻キャストインタビュー!

 

個性豊か過ぎる3人の王子様の視点によるそれぞれの物語と、王子様たちが物語の枠を越えて一堂に会する座談会に加え、出演声優によるキャストトークを収録したドラマCD「王子様(笑)シリーズ」第2巻が4月21日に発売される。
その出演者である宮野真守さん、置鮎龍太郎さん、竹本英史さんからコメントをいただくことが出来たのでご紹介しよう。

――収録を終えての感想をお願いします。

置鮎:最初に「王子様(笑)」というタイトルを聞いた時にはどんな話かさっぱりわからなかったんですが、女性が登場しないエピソードということで、「あ、わかりやすいターゲットに向けての作品だな」と(笑)
全エピソードにもろもろ役の竹本さんが登場していたのがちょっと面白かったです。もちろん自分がメインで出させていただいている竹取物語ではしっかりと演じさせていただいていますよ。

宮野:それぞれすごく有名なお話ですが、みんなの知っている物語とはまた少し違ったオリジナリティーあふれる展開もあったりして。
僕が演じたアラジンも、少し腹黒いアラジンになっていましたが(笑)こういうアラジンもありかなと。楽しんで演じました。

竹本:第1巻に引き続き、もろもろ役で登場しました(笑)
1巻目は「王子様(笑)」ってなんのことやらわからない状態だったんですけれども……、今回は2巻目なのですごくわかったかといえばそうでもなく(笑)

一同:(爆笑)

竹本:わからないけれども! すごく一生懸命楽しく演じました。個人的には1巻より2巻のほうが(笑)度があがっているのかなと感じました。

――印象に残ったシーンはありますか?

置鮎:竹取物語でいえばやはりラストシーンが印象的ですね。
結構しっとりした終わりになっていて、コミカルじゃないんだと。
ヒロインが直接は登場せず、一人芝居に近い感じになっておりますので、そのあたりも気に入っていただければ。想像力を働かせて聴いていただければと思います。

宮野:一番印象に残ったのは指輪の魔神ですね。急に出てきて、なんだか小っちゃいし(笑)
でも僕はすごく好きでした。

竹本:今、宮野君に言われて思い出したんですけど、小っちゃい魔神をやっている時に宮野君がなんだかやり辛そうなんですよね。それが印象に残りました。
なんかごめんね! ここで謝っておきます(笑)、やりづらかった?

宮野:違うんです! そういう感じを出したかったんですよ。
思ったより魔神が小っちゃかったんです。三段階くらい? それでアラジンも少し戸惑ってしまったんです。

――ご自身が演じられた役はどんなキャラクターでしたか?

置鮎:原作の竹取物語においてはやっぱりかぐや姫が主役なので帝なんていたっけ、というか、その他大勢ポジションの人だと思っていたんですけど。
この作品では気難しい人なのかと思いきや、結局ほだされていくというかそういう感じのキャラクターになっています。

宮野:アラジンは頭がいい人だという設定だったので、ちょっとズルいところもある人でした。
単純に自分の欲望のままに願いを叶えていくのではなく、頭を使って狡賢くのし上がっていく感じですね。

竹本:竹取物語で帝の弟役をやった時には、ずいぶんと現代風に普通な感じで演じていたんですが。置鮎さんの帝との役作りの差がいい方に出ていればいいなと。
それが好意的に受け取られるといいんですが「竹本こいつ役作りとかしてないんだろ」とか言われると心外です! いや、あながち反論し辛いんですが(笑)

置鮎:台本も意外に現代風に書いている部分と昔風にかかれている箇所があったりしたからね。僕は帝というポジションがあったのではんなりやりましたけど。そういう解釈もありだと思います。

――置鮎さんが帝を演じられたエピソードだけ悲恋ものですが、演じられていかがでしたか?

置鮎:あっさり終わったように感じられるかもしれませんが、しっとりとした良い雰囲気で終われたと思うので僕としては特に悔いはなく。
こんな風に色んなエピソードがあってもいいかなと思います。

――今回収録された物語の中で印象に残った登場人物はいますか?

置鮎:アラジンがこずるい感じに仕上がっていて。なるほどという感じでした。

宮野:僕は小っちゃい人です。あれはもう大好きなんです。

竹本:やっぱり帝のはんなりさが……、って、なんで三人で褒めあってるんだろう(笑)

――本作のおとぎ話の新解釈という試みの魅力は何だと思いますか?

置鮎:だれもが知っている話だからこそ想像が膨らみやすいかなと思います。

宮野:現場でも、実際どんな話だったんだっけ?という話になったんですよね。
それでここをパロディにしているんだな、とか盛り上がったり。ココ違うんじゃない?というところも実は原作通りだったりとか。

竹本:みんなが知っているからこそだね。

――ファンの方へのメッセージをお願いします。

置鮎:名作のエピソードをもとにしているということで、CDならではの新解釈を楽しむもよし、これを原作だと思うもよし、色んな楽しみ方ができると思うので是非ぜひ聴いて下さい。

宮野:コンセプトを最初に聞いたとき、お姫様がメインになるお話の裏で王子様がどんな生活をしているのかということで、それだけでも面白い試みだなと思いました。
更にオリジナルの解釈もあったりして、単純に楽しんでいただければと思います。

竹本:今これを読んでいる方々は、当然1巻を既にご存知だとは思いますが(笑)、その方々に向けてお話させていただきます。
2巻目も面白いよ! またさらに面白いよ! ぜひ聴いて下さい。

「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD 第2巻
2010年6月23日発売予定 2,625円(税込)

個性豊か過ぎる3人の王子様の視点によるそれぞれの物語と、王子様たちが物語の枠を越えて一堂に会する座談会に加え、出演声優によるキャストトークを収録。
ジャケットは、うるまなつ子氏描き下ろし!

〈ドラマCD第1巻、第2巻連動購入応募特典〉
登場キャラクター(6人の王子様)によるスペシャルドラマCD「王子様だらけの禁断の打ち上げパーティー・NG大賞スペシャル」

発売元・販売元:フロンティアワークス 
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

<キャスト>
「アラジンと不思議なランプ」の王子様:宮野真守
「竹取物語」の王子様:置鮎龍太郎 
従者:竹本英史

<あらすじ>
●「アラジンと不思議なランプ」の王子様
「僕のようなまっとうな人間が冷遇されるなんて、これは政治が悪いとしか思えない!」
何でも願いが叶う不思議なランプを手に入れたアラジン。そんな彼の願いはただ1つ――この理不尽な世界を変えること! 権力を手に入れるため、手始めに王女を手に入れるようと決めた彼は、ランプの魔神の力を使って王女に近づこうとする。魔神の力があればすぐに叶えられるはずだが、アラジンが取った方法とは……?

●「竹取物語」の王子様
「余が直接その女に喝を入れてくれる」
仕事一筋の帝の耳に入ったのは、都を騒がすかぐや姫の話。絶世の美女の噂に、家臣たちは右往左往。馬鹿馬鹿しいと取り合わなかった帝だが、姫が求婚者たちに突きつけた無茶な難題を聞き、我慢は限界に達する。姫の屋敷に乗り込んで話をつけようとするが、そこにいたのは――想像を絶するほど美しい姫であった。

●「源氏物語」の王子様
「そーだ。理想の姫がいないんなら、自分で作っちゃえばいいんじゃん」
息するように浮名を流す、恋愛中毒の元祖王子様・光源氏。だが、最近美女たちとの恋もマンネリ気味。そんないろいろ残念な彼の耳に入ってきたのは、理想の女性である義母・藤壺に瓜二つだという姫君の噂。大喜びで会いに行く光源氏だったが、その噂の姫君の年齢は……愛は全てを超えるといっても、今度の恋は障害が多すぎる!?

● 座談会
「アラジンと不思議なランプ」「竹取物語」「源氏物語」の王子様たちが勢揃い!!

何故か座談会をさせられることになり……一体どんな話で盛り上がる!?

王子様(笑)シリーズ特設サイト
http://www.fwinc.co.jp/princewww/

【関連商品】
「王子様(笑)」関連商品を見る→ style=

(C)フロンティアワークス

 

いよいよ放送開始のTVアニメ「閃光のナイトレイド...
『イケメン☆アルバム~AIRGroup』<Club ALL編>出...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.