写真でつづる「アニメ検定トークライブ」詳細レポート(第1部編)

 

2007年6月30日に秋葉原・東京アニメセンター3Dシアターにて開催された「全国総合アニメ文化知識検定試験」(アニメ検定)公式問題集出版記念トークライブの模様は既にお伝えしたが、今回はより詳しく当日の模様を写真とともに振り返ってみよう。
まずは、第1部のパネルディスカッションの様子をお送りする。




当日、入場口では第2部に出演のメイドたちがお出迎え。




これが、7月21日ごろ発売のアニメ検定公式問題集2007だ!




第1部・パネルディスカッションのテーマは「アニメ愛は国境を越えるか?」




モデレータの氷川竜介さん。「アニメ作品は国境を越えているのに、視聴者同士では国境を越えていないのでは?」と今回のテーマを決めた経緯について話す。




今回、最も熱くアニメ愛について語った岡田斗司夫さん。海外にメイド喫茶が進出し、その店の様子から店員まですべて日本の模倣であること、客がデイバッグにポスター、という風体で現れたことなどをあげて、日本のアニメ・オタクが文化として海外に輸出されている現状などを語った。
また、最後の質疑応答の中で世代を超えたビッグタイトルの登場がエヴァ以降にないことに触れ、「ジブリが萌えアニメを作ればいいんだよ!」とヒートアップする一面も。




高橋良輔監督。「海外の日本アニメショップにはでかでかと『HENTAI』と書いてある」「新作(装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ)には男しか出てこない」と語り会場の笑いを誘ったりしながらも、海外を意識した作品作りを要望されていることなど、ためになる話も。




第1部の紅1点・声優の喜多村絵梨さん。「なぜ自分がここにいるのかわからない」と言いながらも、声優という立場からアニメ愛について語っていた。




アニメアニメジャパン代表・数土直志さん。アメリカでワンピースが売れずNARUTOがヒットした理由について「ワンピースは海賊で、NARUTOは忍者。アメリカ人には忍者のほうが受けがいい」と国民性によってアニメ作品の受け入れ方に違いがあることを指摘した。




メイドさんたちも、最前列で真剣な表情でパネラーたちの話に聞き入っていた。




第1部終了後に行われたフォトセッション。第1部と第2部の出演者勢ぞろい。

第1部の内容は様々な角度からアニメについて語りながらも、聞いているファンにとっては考えさせられる一面もあったりする内容だった。
なお、第2部の模様は後日お伝えする予定なので、楽しみに待っていてほしい。

写真提供:アニメ検定実行委員会

【関連リンク】
アニメ検定公式サイト
東京アニメセンター公式サイト

【関連ニュース】
アニメ検定「公式問題集出版記念公開トークライブ」開催決定!!
いよいよ明日開催!アニメ検定公開トークライブにメイドさん集合!!
今のアニメ事情をぶった斬り!?「アニメ検定」公開トークライブ・第1部レポート!
メイドさんが悪戦苦闘!「アニメ検定」公開トークライブ・第2部レポート!

『ゼロの使い魔 ~双月の騎士』 アニメ放送開始記...
いよいよ明日開催!「ネオロマンス・ライヴ」グッズ...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.