クリックでアトムが目を覚ます!『ATOM』10万馬力キャンペーン開催!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

手塚治虫生誕80周年となる2009年、ついに伝説の作品『鉄腕アトム』が初の本格的映画『ATOM』として帰って来る!

1951年より連載された『アトム大使』の登場人物であったアトム。1952年から主人公として『少年』に連載。1963年から日本で初めての国産テレビアニメ化。
そして、米ハリウッドで初の本格的フルCG映画『ATOM』として公開されることが発表され、話題となっている。公開は2009年秋の予定だ。

本作の制作はイマジ。新進気鋭のアニメーション・スタジオとしてドリームワークスやピクサーなどと同等の技術力を持つアニメ制作スタジオ。全米の配給元サミットは、メジャー級の公開規模を予定しており、世界的にも50カ国以上での上映を目指している他、日本語声優キャストは豪華メンバーを予定しているという。

そんな中、7月13日より映画『ATOM』公式サイトにて、現在眠ったままのATOMを呼び起こす10万馬力キャンペーンがスタートした。
このキャンペーンは、画面中央で管によって吊るされ眠ったままのATOMに、1クリックで1万馬力のエネルギーを注入できる仕組みになっている。右上の表示は10万馬力達成までのカウントダウン表示になっているが、達成後にATOMに何が起こるのかは現在明らかにされていない。
現在の状態は『ATOM』公式サイトで確認しよう!
http://atom.kadokawa-ent.jp/

【劇場公開情報】
手塚治虫生誕80周年 あの「鉄腕アトム」がとてつもないスケールで、ついに本格的映画化!!
『ATOM』
2009年 今秋全国ロードショー

【STORY】
ロボットが人間と共存する夢の空中都市メトロシティ。そこで何不自由なく幸せに暮らしていた少年トビーは、事故で命を落としてしまう。最愛の息子を亡くしたテンマ博士は自らの手で、息子をロボットとして甦らせた。

しかし、生身の人間とは違っていた。

博士はそんな息子を捨てる。戻る場所のないロボットは、地上へと下りていくしかなかった。
でも、そこには新しい仲間が待っていた。彼は今、“アトム”として新しい一歩を踏み出す──。

【STAFF】
監督:デビッド・バワーズ
脚本:ティモシー・ハリス
制作:マリアン・ガーガー
提供:角川エンタテインメント

【CAST】
フレディ・ハイモア
クリスティン・ベル
ネイサン・レイン
ユージン・レヴィ
マット・ルーカス
ビル・ナイ
ドナルド・サザーランドand ニコラス・ケイジ

【関連リンク】
映画『ATOM』公式サイト:http://atom.kadokawa-ent.jp/

© 2009 Imagi Crystal Limited 
Original Manga © Tezuka Productions Co., Ltd.

 

キーワード:

『東京マグニチュード8.0』と東京消防庁がタイアッ...
堀内賢雄、代永翼、浅沼晋太郎、内田夕夜!『グイ...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.