アニメ『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』先行上映イベントレポート

 

メイン_800x5332015年10月より放送開始となるTVアニメ『』。
2011年より一迅社文庫から刊行されている七月隆文のライトノベルが原作で、普通の男子高校生が、ある日突然、名家の令嬢ばかりが通う超お嬢様学校に「庶民サンプル」として連れてこられ、ケータイもゲームも知らず同世代の「男性」を見たことがない超絶箱入り娘たちに翻弄されながらも、お嬢様たちからモテモテな生活がスタートする、というハートフル学園ラブコメディだ。
アニメーション制作はSILVER LINKが手がける。
テレビ放送に先駆け、第1話の先行上映イベントが10月3日、ユナイテッド・シネマ豊洲で開催された。

イベント開始時刻、まずステージに登場したのは、主人公・神楽坂 公人役の田丸篤志と、ヒロインである
天空橋 愛佳役の芹澤優。満席の会場に向けて芹沢は「元気ですか~?」「お腹すいてませんか~?」と問いかけ
盛り上げる。
上映を前にして見どころを聞かれた芹澤は「このアニメは、あまり普段聞かないお嬢様言葉が沢山出てくるので、
そこを注目して欲しいです。あとは強がってしまって一人ぼっちなヒロインの愛佳が本心を話すシーンは可愛くて、
好きな場面ですね」と語り、最高潮に期待が高まるなか早速第1話の上映がスタート。

上映中は度々笑いが漏れ、上映終了後には自然と大きな拍手が起こる会場。そこへ主人公・神楽坂公人役の
田丸篤志、天空橋愛佳役の芹澤優、有栖川麗子役の立花理香、汐留白亜役の桑原由気、神領可憐役の森永千才、九条みゆき役の大西沙織、花江恵理役の原由実が登場し、トークショーが始まった。

用意されたハイチェアに腰をかけるキャスト。小柄な桑原にキャスト皆で「座れる?足届く?」と声を掛けると、
「可愛い~」と会場も笑いに包まれる。

着席して早々、第1話冒頭で公人が連れ去られるシーンに出てくる筋肉隆々な男たちの、その筋肉の綺麗さの話題に。
「あれ、大丈夫でした?アリですか?」と慌てる大西、「あんなにツヤツヤして綺麗になるなんて!」と原が感嘆すると、
田丸は予告にも使われている公人の印象的なセリフ、「筋肉、だ~~~い好きぃぃぃ!」を全力で披露。

そして芹澤も、第1話のヒロイン愛佳の決め台詞「キス、させなさいよっ!」を生披露。照れる芹澤に会場からは
「フゥ~~」と大歓声。トークショーは冒頭から、キャスト陣の息がぴったりのハイテンションで始まった。

まずは、それぞれが自分が演じるキャラクターを紹介。
「愛佳は“ツンピュア”ヒロイン。みんなに愛されるようなキャラクターだと思うので、ツンツンしたセリフが多めですが、
その中に可愛らしさが残るように意識して演じています。皆さん、好きになってください!」(芹澤)
「ピュアというか・・・、ちょっとおバカさんだよね」と田丸が言うとおり、愛すべきキャラになっているようだ。

「麗子はお嬢様の中のお嬢様。早速第1話でも、ちょっと借りただけのスマートフォンを返すのに、礼状をしたためる
など、見たことないようなお嬢様っぷりを発揮しています。実はさっきその部分をこっそり会場で見ていたのですが、
皆さんが笑ってくれていて安心しました。これからも麗子を可愛がってくれたら嬉しいです。」(立花)
田丸から“麗子と自分との共通点”を聞かれると、「全て・・ですかね?」とおどける立花に、キャストは全員立ち上がり
総ツッコミ。

「白亜は自分の気持ちをあまり言葉に出さないので、息遣いで悲しさや喜びを皆さんに伝えるのが難しい所ですが、
公人のことが好きという気持ちは実は分かりやすい子でもあるので、その可愛らしい部分を表現できたら、
と思います。」(桑原)
会場から「ちっちゃい!」「可愛い!」と声がかかると、「白亜ちゃんもちっちゃいんだよ。」と桑原。本人同様、白亜も
小柄で、イメージもぴったりマッチしている。

「まず、可憐を本当に私がやるの?!と想像できない方もいるかもしれませんが・・・可憐は“刀を振り回しちゃう系女子”
です。でも実はそれは照れ隠しで、可愛い物がすごく好きな女の子です。」(森永)
森永は、高くて特徴的な声の持ち主。スクリーンに映し出された可憐のクールな見た目とのギャップに、キャストや
観客からは、「想像できない」「全然違う」「楽しみ」とのコメントが口々に聞かれた。

「みゆきは学園のメイド長で、ドSキャラです。ビシッビシッという感じではなく、冷ややかに突き放す感じ。アフレコでは
ディレクターから、もっと感情を押し殺して淡々と!と言われ難しかったですね。最後まで頑張っていくのでどうぞ宜しく
お願いいたします。」(大西)
大西からの「ドS、みんな結構好きでしょ?」との質問に、会場からは大歓声が沸く。

「恵理は、声優なんです。声優の役を演じるのが始めてなので、ドキドキしています。声優の仕事をしている場面では、
どの程度声を変えるか調整が難しかったりもして、すごく勉強させて頂いていますね。すごく二面性のある子ですが、
他のキャラクター同様、愛して頂けたら嬉しいです。」(原)
大西から「実際の原さんも二面性ありますか?」と聞かれると「どうかな?今後のアフレコで見てみて!もしあったら、
それも恵理との共通点として前向きに捉えます(笑)」と原。

「公人は一番普通のキャラクターなはずなのに、お嬢様ばかりの学園では公人が最も異質。落ち着いたシーンから
テンション高いシーンがこんなにどんどん切り替わるキャラクターは初めてです。お嬢様同様、公人のことも愛して
欲しいです。」(田丸)
ここで2回目の「筋肉、だ~~~い好きぃぃぃ!」を言わされる田丸。アニメの中でお嬢様に振り回される公人同様、
田丸もタジタジだ。
続いてタイトルの「ゲッツ!」の話題に。
先日行われたダンディ坂野の「“ゲッツ!”監修 調印式」の模様がスクリーンに映し出されると、真面目に調印する
その姿にキャストも観客も大爆笑。

会場には、ダンディ坂野と原作者・七月隆文がサインした「“ゲッツ!”監修契約書」の実物が登場。法的に正式な
契約書だと知らされると、慌てた芹澤がそれを落としそうになる一幕も。ダンディ坂野は今後、オープニングテーマである
アイドルカレッジの「イチズレシピ」のPVや、原作の出版元である一迅社のCMにも登場する。

ここからはライブの時間。
花江恵理役の原由実がアニメのエンディングテーマ「トワイライトに消えないで」を披露。
観客は全員スタンディング、ペンライトも振られ掛け声も飛ぶなど、さながらライブ会場のような盛り上がりに。
歌い終えた原は「もうすぐ放送開始です。是非、毎回最後のエンディングまで楽しんで頂けたら嬉しいです。」とコメント。

原の次にステージに呼び込んだのはアイドルカレッジ。オープニングテーマ「イチズレシピ」を熱唱。この日が初歌唱
だったというアイドルカレッジは「こんなに沢山の方の前での初披露だったのですごく緊張しました。皆さんが掛け声や
振り付けを真似してくれたので嬉しかったです!」と喜んでいた。

再びキャストが登壇。アニメの放送情報、WEBラジオ情報、配信情報、原作情報、コミックス情報など注目の
今後の展開が発表され、会場からも期待の歓声が飛ぶ。

そしてキャストサイン入りポスター6枚と、アイドルカレッジのサイン入りポスター1枚が当たる抽選会がスタート。
チケットの半券が入ったボックスから、芹澤・立花・桑原・森永・大西・原・アイドルカレッジの順にひいていく。番号が
読み上げられ喜んで立ち上がった観客に向けて、キャスト皆で「ゲッツ!」も披露し祝福した。
イベントも終了時間が近づき、最後に登壇者全員から一言。

「この作品は、僕が初めて主役として臨んだ作品で、これからの声優人生の中で思い出に残ると思います。キャラクター
それぞれに深い部分もあって、見終わった後にあっという間の1クールだったな、楽しかったな、と思って頂ける作品に
なっている自信があるので、是非最終話までご覧頂けたら嬉しいです。」(田丸)

「今回初めてアニメのテーマ曲を担当させて頂き、とても光栄に思っています。これから放送が始まるのを、私たちも
楽しみにしています。是非ライブにもきてくださいね。」(アイドルカレッジ)

「私も初めてアニメのテーマ曲を歌わせて頂くことになって、それがこんなに素敵な作品で本当に嬉しいです。出てくる
キャラクター達が皆すごく一生懸命で、一人一人に感情移入できると思います。最終話まで、そのキャラクター達の
頑張る姿を見て頂けたらと思います。」(原)

「今日はすごく楽しかったです。キャラクター全員が可愛いので、それぞれお気に入りを見つけて欲しいと思いますが、
ドSキャラが好きな方は、是非みゆきを好きになって頂けたら嬉しいです。最終話まで楽しみにしていて下さい。」(大西)

「可憐ちゃんが、私にとって初めてのレギュラー作品で、毎回ヒーヒーハーハー言いながらアフレコをしています。お話も
素直に楽しめて、ワハハと笑える作品になっていますので期待してください。今日、実はすごく緊張していたんですが、
皆様と一緒に楽しめたイベントになりました。これからも宜しくお願いします。」(森永)

「アニメ化が決まって、原作も読ませて頂きました。私が演じる白亜ちゃんの可愛い仕草が沢山あって、それをどう表現
しようかな、と試行錯誤しながらアフレコをしています。すごく良い感じに仕上がっていると思いますので、最終話まで
見て頂けたらな、と思います。今日このイベントも雰囲気が暖かくて、幸せなひとときでした。これからも『俺がお嬢様
学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』をどうぞ宜しくお願いいたします。」(桑原)

「本日はお集まり頂きありがとうございました。私もこのアニメが初のレギュラー作品で、今日こうして初めて麗子様の
声を聞いて頂く事もすごく不安だったんですが、皆さんに笑って頂けたので安心しました。放送や配信で最後まで
見て頂けると嬉しいです。感想、ラジオに送ってくださいね。アニメを通して原作の魅力を伝えていけたらと思います。
そして今週末は、有栖川麗子役の立花理香、汐留白亜役の桑原由気の2人で、徳島で行われるマチ★アソビVol.15
に参加させて頂くことになりました!そちらにも是非遊びに来てください!」(立花)

「この作品は自分にとって凄く大事な作品になる、という気持ちで現場に挑んでいます。キャストの皆さん、原作の
七月先生、ゲッツ!監修のダンディ坂野さん含め、みんなの作品への愛を感じています。コミケで配布された
ゲッツ!バンドを今日つけてきて下さってるお客様も多いですよね。ヒロインとして、愛佳ちゃんのこと好きになって
貰えるかな、と不安に思っていた部分もあったんですが、第1話を見た後の観客の皆さんの笑顔と暖かい空気を感じて、
「よしっ、放送が楽しみ!」と堂々と言えるようになりました。本当に今日はありがとうございました。これからも『俺が
お嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』を宜しくお願いいたします!」(芹澤)
こうして大歓声の中、イベントが終了。
トークショー中は終始、お互いに突込みを入れあう和気藹々とした雰囲気。チームワークの良さで、いよいよ放送
開始となるアニメにも期待が高まる先行上映イベントとなった。

 

TVアニメ『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』

 

ごく平凡な高校生・神楽坂公人は、ある日突然、『清華院女学校』に拉致されてしまう!伝統と

格式あるこの学校に通うのは、名家の令嬢ばかり。おまけに外の世界に出たこともなければ、

同世代の「男性」を見たこともないという超絶箱入りっぷり。異性と世間に免疫をつける教育のため、「庶民サンプル」として選ばれた公人だったが、ケータイ、ゲーム、漫画すら知らないお嬢様たちにとって「庶民」は憧れの存在で…!?

いきなりお嬢様にモテモテ生活スタート!ハートフル学園ラブコメディ!

<STAFF>

原作:七月隆文『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』(一迅社文庫)

キャラクター原案:閏 月戈 監督:神保昌登  シリーズ構成:下山健人

キャラクターデザイン:佐野隆雄 音響監督:土屋雅紀 音楽:水谷広実(Team-MAX)

ゲッツ!監修:ダンディ坂野 アニメーション制作:SILVER LINK.

<CAST>

神楽坂 公人:田丸 篤志  天空橋 愛佳:芹澤 優 有栖川 麗子:立花 理香  汐留 白亜:桑原 由気

神領 可憐:森永 千才 九条 みゆき:大西 沙織 花江 恵理:原 由実

アニメ公式サイト:  http://syominsample-anime.jp/

 

キーワード:

アニソンイベント『DESTINY CALLING Vol.1 -アニソ...
『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』第...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.