『FLAG Director”s Edition ~一千万のクフラの記録~』レイトショー公開記念舞台挨拶レポート

 

2007年7月5日から7日まで、『FLAG Director’s Edition ~一千万のクフラの記録~』が新宿・テアトルタイムズスクエアにてレイトショー公開された。
今回は、6日に高橋良輔総監督と、ゲストに押井守監督を迎えて行われた舞台挨拶の模様をお伝えする。

――『FLAG』についての感想をそれぞれお願いします。

押井守監督(以下押井):最後は感動しましたね。本当はこの作品こそが映画でやるべきだと思うんですよ。そう思うのは実写でやるのがほとんど不可能な世界にいま日本はなってると思います。
久しぶりに感情移入できたのが、僕にしては珍しいことですね。
良輔さんと僕は一緒に仕事したこともないし、飲みに行ったこともないんですけど、年に数回何かのイベントで会うことがあって、なんとなくアニメーションの中でリアリズムとかアクチュアリティとか、そういったツボが似てるんだと思うんですよ。
高橋良輔監督(以下高橋):作っている時はいつも楽しいんですけれども、こういう形でまた一本にまとめてみると、また自分の中で、作り手としての喜びがじわじわっと湧いてくるという幸せな作品でした。
主人公白州冴子に関して言うと、ちょっと好きになるタイプではないです。特に冒頭での出方とかは自分の好みではないんですけれども、監督をやってくれた寺田監督が、このシリーズの主人公はこういう感じでいきたいんだと。その後作品の構造とか演出の枠組みとかっていうことを考えまして、主人公のホントに細かいところまで、頑張ってくれました。この作品に関しては寺田監督が自分の作品だと胸をはっていいと思います。
そういう意味も含めてかなり客観的に自分の仕事を見ることができまして、自分自身にうなずいているという、ある意味では二重の喜びを味わえる作品になりました。

――押井監督は『スカイ・クロラ』、高橋監督は『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』の製作を行っているところだと思いますが、新しい作品を作るにあたり、監督としての心構えなどがあればお聞かせください。

押井:今はようやく監督としての仕事が思うようにできるようになったな、と。
世の中違って見えるようになったんですよ。基本的にこれからは自分の体だけを大切にというか、体型もすっかり変わったので、生まれ変わったというわけではなくて、より素直になったと思います。
高橋:自分にあってる仕事が来るんですから、この形でどうでしょうということが自然に言えるようになったし、違う意見があると、反発しないで一旦持ち帰って、もう一回考えてみるというような姿勢になってきましたね。

――(高橋監督に)観客の方にメッセージをお願いします。

高橋:まだまだ映像と関わっていきたいなと思っておりますので、また作品ができましたら、よろしくお願いします。

レイトショー上映され、大きな拍手で讃えられた『FLAG Director’s Edition』。見逃した人は8月8日に発売となるブルーレイ版、DVD版でチェックしてみてはいかがだろうか。



【関連リンク】
『FLAG』公式サイト

押井 守氏、谷口悟朗氏がゲスト出演 『FLAG』完成記念レイトショー開催!!
『FLAG Director’s Edition ~一千万のクフラの記録~』ブルーレイとDVDで登場

アニメ大辞典で『FLAG』の情報を見る
『FLAG』関連商品をamazon.jpで検索 style=

 

キーワード:

ドラマCD第1弾『獣のごとくひそやかに -言霊使い...
OVA『ARIA The OVA ~ARIETTA~』発売記念イベント...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.