鉄腕バーディー DECODE

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「バーディーは動いても喋っても面白いと思います」
赤根和樹監督インタビュー
【赤根和樹監督プロフィール】
3月24日生まれ
【主な作品】
TVアニメ『ノエイン もうひとりの君へ』(原作・監督・シリーズ構成) )
TVアニメ『ヒートガイジェイ』(原作・監督・シリーズ構成)
TVアニメ『天空のエスカフローネ』(監督)

 

――まず、『鉄腕バーディー DECODE』を制作することになった経緯についてお聞かせください。

赤根:アニプレックスの植田プロデューサーから直接電話がありました。「バーディーって知ってる?」と言われ、「知ってますけど、10年ほど前にアニメを作られた作品じゃないですか?」「またやるんだけど(監督)やらない?」という感じで始まりました。
原作者のゆうき(まさみ)先生が、自分が以前に監督をやった『ノエイン もうひとりの君へ』という作品をご存じで、それを大変評価をしていただいた経緯もありまして、自分のほうに監督の依頼が来ました。

――作品を手がける上でこだわっていらっしゃる点や苦労された点などがございましたらお聞かせください。

赤根:『鉄腕バーディー』はゆうき先生のライフワークのような作品なので、原作のテイストをいかにアニメーションの中で表現していくか、というところが自分としては悩ましいというか、面白みでもあるんですけれども、自分としてはバーディーを魅力的に見せたいという想いがあります。実際に動いたバーディーは美しく可憐で、それでいて力強い、面白みのあるキャラクターにしよう、という事が一番ですね。その中でストーリープランニングやアクション、映像と、かなりこだわって制作しています。1話を見た限りでは、その手ごたえはあるかな、と。かなり特徴のある映像になっているのではないかと思います。

――ゆうき先生と打ち合わせをされていらっしゃると思いますが、その中で要望などはありましたか?

赤根:バーディーの本星のキャラクターたち……虫とか犬のようなキャラクターがいるんですけれども、ゆうきさんはそのキャラたちに思い入れがあるようで、そのアニメライズにはこだわっていらっしゃいました。

――オリジナルのストーリーが展開されるということですが、原作でも人気のあるキャラクターたちは登場するのでしょうか?

赤根:けっこう出ますね。ゆうき先生に「おいしいところはみんな出していい?」というお話をしまして、ネーチュラーたちも少し出てきたりします。

――ストーリー的にはどこまでオリジナルになるんでしょうか?

赤根:つとむとバーディーが二心同体になるというシチュエーションは原作をほぼ忠実にトレースしているんですけれども、“何故バーディーが地球に来たか”などの細かいところがオリジナルになっています。何故かというと、原作自体が長い作品なので、それを1クールにまとめてしまうと、ダイジェストになってしまって原作の良さが消えてしまうように思えたんですね。ですので、原作の良さを残すためにあえてオリジナルにしたという感じです。それによって、ゆうきさんの作ったバーディーの世界がより濃縮した形で表現できるのではないかと思っています。

――オリジナルのキャラクターである中杉小夜香やサタジット・シャマランはどのようなポジションになるのでしょうか?
赤根:よりバーディーのキャラクター性を立たせるためにセッティングしました。原作に出てくる氷川のストーリーは長くてそのまま出すことはできないので、13本に適用できるような個性あるキャラクターを出していこう、と考えました。
自分たちとしては、バーディーの原作を読んだ人も読んでいない人もアニメを観ていただいて、読んでいない人はアニメを見たあとに読んでいただければ、より深い作品世界を知っていただけるでしょうし、原作を読んだ人にも新しい驚きや魅力がオリジナルストーリーで表現できるのではないかと思います。

――監督がお気に入りのキャラクターはいらっしゃいますか?

赤根:小夜香ですね。バーディーをフィーチャーしようと思ってストーリーを作っていくと、どうしてもつとむに触れざるを得ないですよね。そうなると、つとむ君は15歳の少年ですから、恋はするだろうと。最初、その対象は夏美かな、と思ったんですけれども、ゆうきさんに聞いたら、「うーん、夏美は違うのでは?」と言われたので、小夜香を設定したんです。
つとむのまわりってバーディー、早宮、はづみ姉ちゃんと、みんな強い女たちなんですね。きっと、女の人に頭を押さえられて育ってきたのではないかと。対して、小夜香っていうのは可憐で病弱な少女なんですよ。そんな弱さを見せる女性なので、「自分が守ってやらないといけない」という想いで好きになっていく、というキャラクターとして立てているので、それが楽しいですね。まぁ、そこからどんどん変化していくわけですけれども。
あと、やっぱりバーディーはかわいらしいですね。色々な表情を持っているキャラクターなので、芝居としても演出としてもいろいろなことができるんですね。バーディーは動いても喋っても面白いと思いますね。

――バーディーの演出といえば二心同体中のバーディーとつとむの会話シーンもあると思いますが、どのような形で構成されていますか?

赤根:映像的にはカットイン処理と言うものを入れて、わかりやすい表現にしているんですけれども、コミックのニュアンスを入れつつ、ポップアートっぽい感じで表現できるといいな、という感じですね。

  

――第1話の見どころを教えてください。

赤根:バーディーは、つとむと二心同体になると、本来の力が発揮できないんですよ。第1話では、まだ二心同体になる前のバーディーが出てくるので、このアクションがすごいです。100%のフルパワーで戦うバーディーは面白く出来たと思います。
また、バーディーの世界の全てを濃縮した感じになっています。宇宙も出てきますし、地球での戦いも出てきますし、全てのキャラクターが顔を見せますので、見どころ満載となっています。

――最後に、放送開始を楽しみにされているファンの皆様にメッセージをお願いいたします。

赤根:『鉄腕バーディー DECODE』はエンターテイメントだと思っているんですよね。ストーリーも、映像も、音楽も、役者の芝居も、いかに見てくれる方が面白がってくれるか。そういうところで知恵を絞って、息をつかせない面白さを目指してやっています。是非、見てもらえると嬉しいな、と思います。

――ありがとうございました!

「アフレコ現場は賑やかです」
メインキャストインタビュー!

▲奥側左から、坂本真綾さん、伊藤かな恵さん
手前左から、千葉紗子さん、入野自由さん

――まずは、ご自身が演じられているキャラクターについてご紹介ください。

バーディー・シフォン=アルティラ役・千葉紗子さん(以下千葉):バーディーは宇宙連邦捜査官で、地球にはリュンカという謎の存在や、指名手配中の宇宙人などを追ってやってきた女性です。すごく強靱な肉体を持っているので戦闘も強いですし、気も強いですし、女性としてあこがれるというか。強くありたいなぁ、と思う私にとって、バーディーは素敵な女性だなぁ、と思います。

千川つとむ役・入野自由さん(以下入野):つとむはどこにでもいそうな高校一年生です。ある事件がきっかけで、命を落としてしまい、その結果バーディーの体の中につとむが入って“二心同体”となり、それまで普通の生活をしていたのに、バーディーのせいで色々と事件に巻き込まれてしまう、というかわいそうな男の子です(笑)。

中杉小夜香役・坂本真綾さん(以下坂本):小夜香はつとむや夏美の同級生です。学校ではおとなしい美人のお嬢様という感じで、体育を休んでしまうような体の弱い女の子。でもある出来事をきっかけに性格が一変していくらしいです。

早宮夏美役・伊藤かな恵さん(以下伊藤):夏美はつとむ君の幼なじみです。すごく元気で気が強い女の子です。女子高生です。

――『鉄腕バーディー DECODE』という作品についての印象をお聞かせください。

千葉:オーディションのお話をいただいたときに原作コミックを読ませていただいたんですが、“戦闘もので女性が強い”というお話って私はあまり読んだことがなかったので、その点が楽しかったです。宇宙人と地球人がでてきたり、一人の女性と男の子が体を共有して生活するなど、というファンタジーな面もありつつ、人間同士のお話もあったり、最後のほうはどうなるのかな、と思わせる作品でした。が、アニメは、原作とは話が違うので、アニメの面白さや、オリジナルストーリーがどう進んでいくのか楽しみです。結末は、赤根監督の頭の中にしかないと思うので、早く聞きたいなというのと、台本をもらってから知る楽しみを残しておきたいな、という気持ちが半々で、どうしようか迷っています。

入野:宇宙人もいっぱい出てきますし、誰がどういう関係で、しかも謎が謎を呼ぶというか複線がいろいろなところに張ってあり、ここはどうなるんだろう、と思いながら楽しく読めました。

坂本:私の演じる役はアニメのオリジナルキャラクターです。もちろん、原作の世界観が基盤になっているんですけれども、アニメバージョンのバーディーの世界で、物語がよりいっそう色々な広がりを見せるためのキーパーソンに小夜香はなるのではないかな、と思っています。謎の多いキャラクターなので、毎週台本を読むのが楽しみです。
――監督から何か言われたことはありますか?
坂本:小夜香は、序盤は出番が少ないけれども、物語が進むにつれて重要な役どころになっていくので、おとなしいお嬢様から変わっていく姿を演じてほしい、ということはオーディションの時から聞いていました。

伊藤:最初に原作を読んだときに、主人公のつとむ君が1話で死んでしまった事にびっくりしました。アニメについては毎回台本をいただく度にびっくりする展開になっているのですが、原作とは違うアニメのわかりやすさもおもしろく感じました。

――千葉さんと入野さんに質問です。バーディーとつとむは二心同体という設定ですが、そのことによって演じ方で気をつけていることなどはありますか?

千葉:普段の生活の中では変わっていることとか意識していることはないんですが、赤根監督から「つとむと二心同体になっているときのバーディーは、戦闘能力が落ちてしまい、一生懸命戦わないと相手と互角にやりあえないのでその部分を意識してほしい」とお話があったので、その点を特に意識しています。

入野:普段はテンション低めだったつとむ君が、すごくマイペースなバーディーが入ってきたことによってテンションが上がり、ツッコミ役としてガンガンいっている姿が新鮮なので、そんな部分と、普段友達と話しているときの淡々としているところとの違いを意識しています。

――伊藤さんに質問です。夏美のような幼なじみがいたとしたら、どんな生活をしていると思いますか?

伊藤:う~ん……。
千葉:幼なじみはいる?
伊藤:いや、いないですね。
千葉:幼なじみって物語の中だけの存在だと思っていたんですが……(入野さん、坂本さんに)いますか?
入野坂本:います。
千葉伊藤:え~っ!
入野:学校とか地元の、というわけではありませんが、僕は小さい頃から劇団にいたので、今も一緒に仕事をしている、という人はいます。
坂本:私も児童劇団の頃からの仲間は、今でも兄妹のような感じですね。
千葉:私は、幼なじみになりそうな人が引っ越しちゃった、ということがあったので、「幼なじみ」と聞くといいなぁ、と思いますね。
入野:でも、男の子と女の子の幼なじみって、割とファンタジーですよね。(一同笑)
伊藤:兄弟や家族のようになっちゃいそうですね。
千葉:兄弟はいるの?
伊藤:います! お兄ちゃんもお姉ちゃんもいます。
千葉:じゃあ、(夏美みたいに)つとむに世話をしていくタイプじゃないんだ。
伊藤:世話されるほうです(笑)。

――アフレコ現場の雰囲気を聞かせていただけますでしょうか?

千葉:とっても賑やかですね。みなさん個々にマニアックな話をしていることが多い現場です。(入野さんに)そのマニアックな話とは何ですか?
入野:筋トレの話をしています。(一同笑)
坂本:テュート役の川田(紳司)さんと入野さんがお二人ともムキムキで、「いい筋肉してますね」という話から、毎週顔を合わせると「昨日はどんな筋トレをした?」とか「どんな筋トレがある」とか……。
入野:「いい靴がある」とかね。
坂本:そんな話をよくしています。でもそんな話だけではなくて、皆さん話好きな人が多いようで、みんなでわいわいしております。

――最後に、『鉄腕バーディー DECODE』を楽しみにされているファンの皆様に、メッセージをお願いいたします。

千葉:アニメならではのお話と、アクションシーンのすばやい動きとか、動いているからこその迫力があると思うので、そこを注目してください。

入野:バチルスという宇宙人が出てくるのですが、彼の戦いぶりや話し方に、要注目です。二心同体となったバーディーとつとむのテンションの違いはとても面白いので、楽しんで観て下さい。

坂本:バーディーとつとむの二人のかけあいが微笑ましくて、シリアスな物語もあるんですけれども、二人がすごくほんわかしていて好きなので、二人のかけあいがいつも楽しみです。あと、バーディーは地球にいる時に有田しおんという名前でアイドルをやっているんですけれども、ちょっと変わったしゃべり方をする天然アイドルなので……。
入野:どんな気持ちなんですか?
坂本:ちょっとイラっとする(笑)けれどもすごくかわいいという、バーディーの強いところと天然アイドルの部分を楽しんでいただければと思います。

伊藤:アニメのオリジナルのキャラクターとして、小夜香とシャマラン社長が出てくるんので、アニメでしか見られないキャラクターにも注目してほしいと思います。夏美ちゃんもがんばってますので応援よろしくお願いします。

――ありがとうございました!

  
▲バーディーの地球での職業は天然アイドル?!▲
原作『鉄腕バーディー』は、週刊ヤングサンデーにて大好評連載中の人気コミック。
TVアニメでは、原作の世界観をベースに、オリジナルストーリーが展開する。

かつて惑星を消滅させた程の強大な力を秘めているといわれる“リュンカ”。その“リュンカ”を持ち去った逃亡犯を追って地球にやって来た宇宙連邦捜査官バーディー・シフォン=アルティラは、捜査の途上で誤って地球の高校生、千川つとむを殺してしまう。破壊してしまったつとむの肉体が修復するまでの間、彼女は自らの体につとむの記憶と心を宿した。こうして二人は時につとむとして高校生の日常を送り、そして時にバーディーとして任務を遂行する、“二心同体”の生活をすることに…。
“リュンカ”の大いなる力を巡り、宇宙側と地球側、双方の思惑が交錯し、物語は大きな渦を作ってゆく。“リュンカ”を追うバーディーとつとむは、捜査を進めるうち、想像だにしていなかった巨大な流れと向き合うことになる――。

バーディーとつとむの新たなる闘いが今、幕を開ける―!!
– STORY –

– CHARACTERS –
なかすぎ さやか
中杉 小夜香
CV:坂本真綾TVシリーズオリジナルキャラクター。
つとむのクラスメイトで、生粋のお嬢様。
体が弱く、おとなしく目立たない性格だったのだが、ある日交通事故に巻き込まれたのを境に、不思議と性格が一変し、快活な少女となる。
サタジット=シャマラン
CV:鈴村健一TVシリーズオリジナルキャラクター。
世界的に有名な総合娯楽企画会社、プレイメイカー・インダストリアル社(PMI社)の社長。日本でも放送局など各メディアに強い影響力を持っている。まだ若いながらも現在の地位を築き上げており、注目を集める人物である。
カペラ・ティティス
CV:名塚佳織バーディーと同じアルタ人であるようだが、その目的、素性など不明な部分が多い。
「リュンカ」をバーディーとは別の目的で探っているようなのだが……。

ここで紹介しているキャラクターは、本編に登場するキャラクターのごく一部。原作ではおなじみのキャラクターも、アニメ独特の設定を付加されて登場する。
たとえば、バーディーの捜査におけるパートナー・テュートは、地球ではサトルという人間の姿を取って登場する。これは、捜査を行っているときに目立たないための偽装。また、アフレコインタビューでも触れられているが、バーディーは成田しおんというアイドルとして、地球に潜伏している。アニメ版では、バーディーの宇宙捜査官としての活動も見ることが出来そうだ。
他にも、原作でおなじみのキャラクターが次々と登場するらしい(?)『鉄腕バーディー DECODE』。原作ファンもアニメから観てみようと思った人も、期待を持って間違いなさそうだ。

気になるあのキャラ、このキャラの設定画も一挙公開!

STAFF
原作:ゆうきまさみ「鉄腕バーディー」
(小学館「週刊ヤングサンデー」連載中)
監督:赤根和樹
シリーズ構成:大野木 寛
キャラクターデザイン・総作画監督:りょーちも
メカニカルデザイン:佐山善則
特殊美術デザイン:石津泰志
プロップデザイン:コバヤシサバ
色彩設計:木村聡子
美術設定:金平和茂
美術監督:佐藤豪志
撮影監督:葛山剛士
CGIディレクター:井野元 英二
編集:後藤正浩
音響監督:明田川 仁
音楽:菅野祐悟
クリエイティブプロデューサー:出渕 裕
アニメーション制作:A-1 Pictures
CAST
バーディー・シフォン=アルティラ:千葉紗子
千川つとむ:入野自由
早宮夏美:伊藤かな恵
室戸圭介:藤原啓治
中杉小夜香:坂本真綾
サタジット・シャマラン:鈴村健一
カペラ・ティティス:名塚佳織
テュート(サトル):川田紳司
ゴメス:石塚運昇
千明和義:白石涼子
須藤良太:浅沼晋太郎
放送スケジュール
TOKYO MX:7月5日より 毎週土曜22:30~
tvk(テレビ神奈川):7月4日より 毎週金曜25:15~チバテレビ:7月9日より 毎週水曜26:30~
テレ玉(テレビ埼玉):7月4日より 毎週金曜25:00~CBC(中部日本放送):7月9日より 毎週水曜26:15~
サンテレビジョン:7月4日より 毎週金曜26:10~
KBS京都:7月4日より 毎週金曜25:30~
TVQ九州放送:7月7日より 毎週月曜25:53~
北海道放送:7月23日より 毎週水曜26:25~
東北放送:7月5日より 毎週土曜26:15~
沖縄テレビ:7月8日より 毎週火曜25:35~
アニマックス:7月14日より 毎週月曜22:00~
(リピート放送:毎週月曜27:00~、毎週火曜14:00~)
BS 11:7月5日より 毎週土曜23:00~
※放送日時は、都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。
LINK
『鉄腕バーディー DECODE』公式サイト :

 

イベントTAF2008:ゆうきまさみ先生登場!『鉄腕バーディーDECODE』KICK OFFステージレポート!
アニメTVアニメ『鉄腕バーディー DECODE』放送日決定! 6月30日にはプレミアイベントも開催!

【Comming Soon!!】
後日、プレミアイベント前に行われる記者発表会の模様をレポートでお送りする予定です!お楽しみに!


主題歌を歌うのは、Hearts Growとアフロマニア!
■ オープニングテーマ:Hearts Grow「そら」 ■

Hearts Grow プロフィール
沖縄県は北部の本部町にある「あじさい音楽村」。この場所で出会った男女6人で2004年7月に結成。
沖縄県内のストリートライブを中心に活動をスタート、各地ライブハウスで精力的にライブ活動をして実力をつけてきた。活発で若い世代ならではのメッセージある音楽性が魅力。
彼ら自身が感じる日常の景色や想いを力強く歌に込めている。
2006年10月、「Road」でデビュー。2ndシングル「ユラユラ」で注目を浴び、2008年1月23日にリリースした最新シングル「かさなる影」はTVアニメ『銀魂』のテーマ曲となり、オリコン初登場第16位。
■ エンディングテーマ:「Let’s go together」アフロマニア ■

アフロマニア プロフィール
沖縄県は北部の本部町にある「あじさい音楽村」。この場所で地元高校の同級生だったメンバーが中心となり 2004年5月にアフロマニア結成。
駆け出しお笑い芸人や自衛官など一風変わった前歴を持つ彼らは、夢への希望や挫折を知って、それぞれが力いっぱいに音楽に向き合っている。
2004年11月には自主制作CD「国道58号線」をリリースし、ストリートをメインにした飾らず自然体を貫くパワフルなステージは、クチコミで着々と広まりはじめ、地元沖縄中心に6000枚を突破。2006年3月にはインディーズ盤「ワイルドシーサー」をリリース。そして2006年6月『Very Very』でデビュー!沖縄産の、ハツラツにロックする5人組バンド。

©ゆうきまさみ・小学館/PROJECT BIRDY






 

キーワード:

紅 kure-nai
夏目友人帳
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.