映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!

 

夢原のぞみ 役・三瓶由布子さんのサイン入り『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』のポスターをプレゼント! 
詳しくはページのラストをCHECK!
三瓶由布子さん(夢原のぞみ・キュアドリーム 役) 独占インタビュー!!

11月4日(日)、六本木オリベホール(東京)にて行われた映画『Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』の完成披露試写会。
その直後、“キュアドリーム”こと夢原のぞみを演じる三瓶由布子さんに独占インタビューしちゃいました?


―― 先ほど先行披露試写会を終えたばかりですが、試写会を終えての感想をお聞かせください。

映画のアフレコをしてから1ヶ月が経って、以来、完成をすごく楽しみにしていたので、スクリーンに映像が流れた時は嬉しくて、『完成したんだなぁ』という感無量な思いでいっぱいでした。
それから、映画を観る子どもたちの素直な反応が見られて、試写会に出ることができてよかったなって思います。子どもたちって素直だから、思ったことがすぐ口に出ちゃうんですよね。プリキュアたちが攻撃されると「危ない!」とか(笑)。そういうのが、じかに聞けたのも嬉しかったです。
実は、事前にサンプルDVDをいただいていたので、先に自宅のテレビで観させていただいていたんです。なので今日は、大画面で観るのとどう違うのかなというのも楽しみだったんですけど、実際のスクリーンで観ると、音の力や画面の大きさにすごく圧倒されて、それもまた感動でした。これをみんなが見るんだなあと思うと嬉しくなりました。

―― 私も先ほど試写を拝見させていただいたんですが、前半はのぞみたちのドレス姿やココとナッツの王子様姿など、女の子が好きなものがたくさん出てきますね。

あそこは、女の子が一度は憧れるというか、女の子の夢とかやりたいことがギュっと詰まったシーンですね。
私も小さい時にああいうフリフリのドレスを親が買ってきてくれて、それを着て裾を摘んで回ったりした経験があるので(笑)、映画を見た女の子たちも「(ドレスを)着たがるんだろうなぁ」って思います。

――鏡の国に舞台を移してからの後半も、感動的なシーンがたくさんありました。
最初から最後まで見どころ満載といった今回の映画ですが、あえて好きなシーンを挙げるとしたらどこでしょうか?

何だろう…すっごく難しいなあ…。(しばらく考え)でもやっぱりダークプリキュアとのやり取りでの、のぞみの『一秒前の自分を乗り越えていく』というセリフは、台本を読んだ時にすごく大切なセリフだなと思って、私も人からそういうことを教えてもらった経験があったので、「これはちゃんと伝えられるように、大切に言わなきゃ」というのは心掛けました。

――男の子役も多い三瓶さんですが、ここで改めて、 “ 夢原のぞみ ” という女の子の印象についてお聞かせください。

これまで男の子役が多かったのもあって、最初は「いったい私は、このピンクの頭の可愛い女の子の声を、どこから出せばいいんだろう」というところから始まったんですけど(笑)、TVシリーズも40話以上アフレコを終えて、回を重ねるごとに“女の子”を演じるというよりは、“夢原のぞみ”という一人の人間を演じるということを大切にしていこうと思うようになりました。
私はキャラクターを演じる時、「あの子はこう考えてるから」というアプローチの仕方よりは、“キャラクターと一体になる”というか、マイクの前に立って台本のセリフを読むと、自然とそのキャラクターになるみたいな感覚があって、今は、声の出し方という部分では特に“女の子”を意識せずに演じています。
彼女は、普通の人だと照れくさくて言えないようなことも、躊躇することなく素直に言える子で、それが危うい面でもあるし、周りにすごく力をくれる面でもあって。
今回の映画でも、ダークプリキュアに対して、相手を変えようとするのではなくて、まず自分の素直な気持ちを相手に伝えるんですよね。それにダークプリキュアや仲間が応えてくれるんですけど、それも彼女の素直な気持ちや言葉がみんなに届いたからなんだろうなって思います。

――映画でもココに「のぞみはおいしそうに食べるね」と言われていたのぞみ。感情豊かでいつも笑顔の彼女ですが、今、三瓶さんにとっての楽しいことは何ですか?

趣味という意味では、写真を撮ることが好きです。それから、今回の映画は女の子の好きなものがいっぱい詰まってるじゃないですか。洋服を選んだり、楽しいことに友達とワァって向かって行ったり。そういうことは私も好きですし、楽しいなって思います。
でも、私もよく言われるんですよ、「おいしそうに食べるね」って(一同笑)
最近、インターネットで『脳内メーカー』って流行ってるじゃないですか。あれを調べると、のぞみと本当にそっくりで、のぞみも私も『食』『食』『食』『食』…って(一同笑)。頭の中が『食べる』でいっぱいになってて、そういう意味ではのぞみと似てますね(笑)
あと、目の前のものに対して好奇心が旺盛というか、友達と話していても目の前に何か出されると、「あっ」ってそっちに意識がいってしまって、友達に「今話してるでしょ!?」って怒られちゃう、みたいな(笑)。そういうところも、のぞみと似てるかもしれないです。

――今回の映画では、“ 過去の自分を乗り越える ” ということが大きなテーマとなっていますが、三瓶さんが “ 乗り越えたい ” と思っていることはありますか?

先ほどの話とかぶってしまうんですが、私もクリスマスの時に、母親に「去年よりももっといい自分になれるように心掛ければ、いつか素敵な自分になれるんだよ」って言われて。“乗り越えたい自分”というよりは、今の自分は今の自分で、できることを全力でやる。それで、次の時には少しでもいい自分になれるようにその上を目指していこうと心掛けています。

――これから作品をご覧になるファンの方へメッセージをお願いします。

映画のCMにも登場していますが、ドレスが出てきたり、王子様が出てきたり、女の子の大好きなものがいっぱいの映画になっています。
あと注目は、ダークプリキュアですね。これはうちの妹の意見なんですけど、「(プリキュアより)ダークプリキュアの方がカッコいい!」と言われてしまって(一同笑)
そのダークプリキュアという“もう一人の自分”を乗り越えていく、のぞみたちの“強い女の子”の部分も見てほしいですし、大切なものとか素直な気持ちとかをストレートに見せてくれる映画になっているので、大人とか子どもとか関係なく、皆さんに観ていただきたいなと思います。
私たちも一生懸命、魂を込めて声を入れさせていただきました。家で観てもいいんですけど、やっぱり劇場で観るとまた違う迫力があると思うので、是非、劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。それで、観終わった後は是非、感想を聞かせてください。

【presepe関連ニュース】
【EVENT】ザ・たっちが王子様に変身!? 映画『Yes!プリキュア5 ~鏡の国のミラクル大冒険!~』完成披露試写会レポート!!

プロデューサー・梅澤淳稔さんに
インタビュー!!

TVアニメも絶好調の『Yes!プリキュア5』が、今秋、待望のスクリーンデビューします!!
タイトルは『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』。11月10日(土)より全国でロードショーけって~~い♪

西洋風のテーマパークにやってきたのぞみたち。かわいいドレスに身を包み、気分はすっかりお姫様♪ 王子様に扮したココとナッツにエスコートされ、夢のような世界を満喫していた。
ところがそこで、ココとナッツが鏡の国にさらわれてしまう! 犯人は鏡の国の住人・ミギリンとヒダリン。しかしすべては彼らを操り、ドリームコレットの力で世界征服を企むシャドウの陰謀だった。
ココたちを助けるため、のぞみたちは鏡の国へ向かうが…!?

というのが本作のストーリー。「西洋風のテーマパーク」や「鏡の国」、「シャドウ」など、すでに気になるキーワードが…。
そこで! そんな気になるあれこれを、梅澤プロデューサーに直撃!! ストーリーのきっかけや本作の見どころなどなど、貴重なお話をタップリお伺いしました!

――今回の映画は「鏡の国」が舞台となりますが、設定やストーリーはどのように作られていったのでしょうか?

私が『プリキュア』の映画をプロデュースするにあたり、こういうふうにしたいと考えていた点がいくつかあって、「これをすべてクリアするストーリーを作ってほしい」とシナリオライターの方に伝えて出来上がったのが、今回のお話です。

その前提としてあったのが、昨年の『プリキュア』の映画(※1)の完成披露試写会に行ったときに、プリキュアファンの女の子たちの年齢層が私が予想していたよりも低く、だいたい3~4歳くらいがメインだったことでした。なので、その年齢層が観て楽しめるものを、という考えが第一にありました。

その上でまず一つ目にお願いしたのは、映画館に来た女の子たちが、映画の中に参加できるものにしたいということ。
あの年齢層は、長い映画だと飽きてしまうだろうし、楽しいシーンでは一緒になって楽しむだろうし、キャラクターたちが踊れば一緒に踊るだろう。そういうところで、子どもたちが何かをするとプリキュアたちが変化するという、今回の“観客参加型”という趣向が生まれました。
そこで考えたのが、入場者プレゼントと絡めて、小型ライト(※2)というアイテム。そのミラクルライトを点けて応援するとプリキュアたちが新しい変身をすることができる、みんなの応援で負けそうだったプリキュアがパワーアップする、そうすれば子どもたちも喜んでくれるんじゃないかと思ったんです。

次にお願いしたのは、ザ・たっちさんがゲストキャラとして出演することがこの段階ですでに決まっていたので、お2人を活かせる設定で、尚且つ3~4歳の子どもが実感できる世界観にしたい、ということでした。
前々回の映画(※3)が氷の国を舞台にしたものだったんですが、これはあくまで私の個人的な見解ですが、設定があまりにも大きすぎて、小さな子どもにはその寒さがうまく伝わらないんじゃないかと思ったんです。「氷の世界」というよりは、もっと身近にあるもの、例えば「冷蔵庫の中」と言った方が、3~4歳の子どもたちにはその寒さが実感できるのではないかと。
そこで、もっと身近な世界はないだろうかと考えたときに、ザ・たっちさんが双子ということも含めて、「鏡の国」というアイデアが浮かびました。
鏡なら毎日見ているだろうし、双子という設定も“鏡に写ったもう一人の自分”ということで活かすことができる。また、遊園地にあるミラーハウスのようなところもシチュエーションとして使えて、画的にも面白いんじゃないかと思ったんです。

あともう一つ、女の子たちが好きなことを取り入れたいというところで、「のぞみたち全員にドレスを着させてほしい」というお願いもしました。

これら今言ったことをすべてクリアするストーリーを作ってほしいと、監督とシナリオライターの方に伝え、みんなで話し合って、こういったストーリーになりました。
その後さらに、舞台が鏡の国ということで、『鏡に映った自分が敵として現れたら』という展開が生まれました。自分と同じ力の偽者が現れてそれと戦う。また、大人が観ても感動できるものをということで、そこに『一秒前の自分より成長したい』というメッセージを込めました。
実は、私には3歳の娘がいるんですけど、昨日できなかったことが今日できるとすごく喜ぶんですよね。それはいくつになっても変わらない喜びだと思うので、そういったところを表面的にではなく、ストーリーの中に盛り込んでいきたいと考えたんです。

――「鏡の国」という設定やミギリン・ヒダリンというキャラクターは、ザ・たっちさんのキャスティングを前提に作られたとのことですが、今回のゲストにザ・たっちのお2人を起用された経緯についてお聞かせください。

映画では宣伝効果等も考え、芸能人のゲストの方を呼ぶことが多く、これまでも『プリキュア』の映画では、工藤静香さんや矢口真里さん、Berryz工房さん、向井亜紀さんなどに出演していただきました。
その場合、ご本人の役で出ていただくこともあるんですが、今回はストーリーに絡むキャラクターとして参加していただきたい。それから、子どもが喜ぶギャグも盛り込める楽しいゲストキャラにしたい。そういった諸々のことを考え、ザ・たっちさんにお願いしようということになりました。お2人は朝の情報番組にレギュラー出演されているのでお母さんの受けもいいだろうし、子どもたちが真似できるギャグというところでも面白いんじゃないかと。
そこで、ストーリーも何も決めていない段階で、先にザ・たっちさんに出演の打診をしたんです。そうしたら参加いただけるというお返事をいただきまして、お2人に出ていただくことになりました。

――今回の見どころの一つとして、先ほどお話にありましたプリキュアたちのドレス姿がありますが、デザインのポイントについてお聞かせください。

子どもたちが着たいと思うものをというところと、各キャラクターの個性がうまく表現できればというところですね。デザインが5人それぞれ似ないように、何度も描き直していただきました。

――ココとナッツの王子様姿も、今回見られるそうですね。

こちらも、一目見て『王子様』とわかるくらい王子様なデザインにしてほしいとお願いして、何度も描き直してもらいました。「もっと王子に」とか「まだ王子が足りない」なんて言いながら(笑)

――今回の映画で、ココとナッツの活躍シーンや見どころなどはあるんでしょうか?

この2人は前半で捕まってしまうので、活躍するのは主に前半のテーマパークのシーンですね。見どころとしてはやはり、予告でもチラっとありますが、ココとナッツがコワイナーの仮面をかぶるシーンでしょうか。

――先ほどプリキュアの偽者(=ダークプリキュア)のお話も出ましたが、こちらのデザインは、本物のプリキュアたちよりかなりシャープな印象ですね。

そうですね。子どもたちが見て本物と偽者の区別がつきやすいように、ダークプリキュアは「もっとシャープに」「もっとカッコよく」と、何度も描き直してもらううちに、こういったデザインになりました。悪者といっても恐怖感を与えるようなデザインにはできないので、ダークヒーロー、ヒロインのイメージですね。スタッフのみんなも悪者の方が思い入れがあるので、どんどんカッコよくなってしまいました。

――今回の敵キャラであるダークプリキュアやシャドウのキャスティングについては、どのように決定されたのでしょうか?

ダークプリキュアは、本物のプリキュアたちと戦える方々というところでお願いしました。
シャドウのキャスティングについては、実は最後まで悩みました。ビジュアルが中性的なこともあって、男性にするか、女性にするかといったことも含めいろいろ考えたんですが、敵の目的をわかりやすく『世界征服』にしたので、ドリームコレットを使ってピンキーを集めて、「私を世界の支配者にしろ!」と叫ぶのに違和感のない方、というところで、最終的に朴王路美(※4)さんにお願いしました。結果的に、朴さんにお願いして大正解でした。

――最後に、全体を通しての見どころと、これから本作をご覧になる皆さんに、メッセージをお願いします。

ストーリー的な見どころとしては、『過去の自分を超える』というところですね。
ダークプリキュアたちとの戦いのシーンでは、それぞれが自分の偽者と1対1で戦うんですが、偽者が自分のことをどんどん否定していくんですね。それを挫けそうになりながらも乗り越えて、プリキュアたちがひとつ成長していく。このシーンはダークプリキュアとの会話もすごくよくて、一番の見どころなんじゃないかと思います。
あと今回、ザ・たっちさんがすごくよくて、最後は全部、お2人がさらっていっちゃったなあというくらい、ラストは感動します。
小さな子どもにもわかりやすく、大人も感動できる作品になっていますので、ぜひ大人、子ども関係なく、たくさんの方に観ていただきたいなと思います。
また子どもたちには“ミラクルライト”を使って映画の中に参加してもらって、楽しい時間を過ごしてもらえたら嬉しいですね。

※1 『ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!』
※2 入場者プレゼントの“ミラクルライト”は、小人券での入場者が対象とのこと。大きなお友達は心で応援しましょう。
※3 『ふたりはプリキュア Max Heart 2 雪空のともだち』
※4 朴さんの「王路」は、王ヘンに路の字です。

presepe的 『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』の見どころをCHECK!!


▲迫力あるバトルシーンを大画面で体感しよう!


▲シャドウを演じるのは朴 王路美さん。その存在感は圧巻!


▲“ミラクルライト”の使い方をココナッツが楽しくレクチャー?

★ 心にジーンとくる名シーン&名ゼリフをCHECK!!

連れさられたココとナッツを助けるため、鏡の国にやってきたのぞみたち。
そこで彼女たちの行く手を阻んだのは、自分たちを元に作られたダークプリキュアだった。
力は互角、しかしシャドウの力によって作られた彼女たちは疲れを知らず、友情という心を持たない。
「あなたは私には勝てない」
「自分さえよければいい。友達なんかいらない。本当はそう思っているんでしょう?」
そう問い掛け、攻撃をしてくるダークプリキュア。しかしのぞみたちはその言葉を迷わず否定する。
過去の自分を乗り越えたいから、友達の大切さを知っているから。

このシーンは、のぞみ・りん・うらら・こまち・かれん、それぞれのセリフや表情に込められた彼女たちのストレートな想いが胸にグッと来る、まさに本作の見どころのひとつだ!
その他、心に残る名ゼリフや思わずウルッときちゃう名シーンが随所に登場!大人も子どもも楽しめるこの感動ストーリーをぜひ劇場で味わおう!

★ 見ごたえのあるアクションをCHECK!!

小さな女の子に大人気の本作。しかーし!! アクションシーンはかなり本格的だ。
特に、プリキュアとダークプリキュアのバトルシーンは、そのスピード感とパワフルな演出に圧倒! 劇場の大画面と音響の効果でその迫力はさらに倍増され、映像にグイグイ引き込まれていくぞ。

★ まさに強敵!! ダークプリキュア&シャドウを演じる豪華声優陣をCHECK!!

ザ・たっちのお2人が声優初挑戦ということもさることながら、この映画のために作られた敵キャラのキャスト陣も負けず劣らず超豪華!!

まず、ダークプリキュアを演じるのはこちらの皆さま。

ダークドリーム:西村ちなみさん
ダークルージュ:長沢美樹さん
ダークレモネード:釘宮理恵さん
ダークミント:皆口裕子さん
ダークアクア:木内レイコさん

…と、ライバル役たるに相応しい面々が参加。
さらに今回の最大の敵となるシャドウを演じるのは、朴王路美さん

狡猾で冷酷なシャドウを見事に表現した朴さんの迫真の演技は、まさに最強!!
実力派が演じるダークキャラにも注目だ☆
※ 朴さんの「王路」は、王ヘンに路の字です。

★ ココナッツfanは必見!! コミカルな前説をCHECK!!

今回の映画はシリーズ初の観客参加型!
入場時に配布される“ミラクルライト”を使って、ピンチに陥ったプリキュアたちを応援するという楽しい試みがされている。
その“ミラクルライト”の使用方法や注意事項を、本編上映前に流れるショートアニメでココとナッツが教えてくれるのだが……
サービス精神旺盛なココと、クールなナッツ。TV本編では見ることのできない2人のコミカルな掛け合いは、この映画ならではの
お楽しみ☆ また、女性ファンに向けてアピールする小々田先生や、ココに言われてしぶしぶ人間の姿になるナッツ、なんて
サービスシーンも…?
ココナッツfanは上映時間に遅れないよう、劇場に足を運ぼう!




『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』

★11月10日(土)全国ロードショー!!★

『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』公式サイト

プリキュア ファッションチェック!! ドレスアップで気分はお姫様?

TVシリーズ第38話(10月28日放送)でもチラリと登場したみんなのドレス姿。それぞれの個性が光る、スタッフ陣こだわりのデザインです♪


夢原のぞみ/キュアドリーム
CV:三瓶由布子

ふんわり広がったスカートにレースとリボン。女の子の憧れが詰まったような、のぞみのドレス。彼女の女の子らしさと見事にマッチ!



夏木りん/キュアルージュ

CV:竹内順子

ノースリーブと広がりの少なめなスカートが、アクティブでさっぱりしたりんの性格をよく表してます。



春日野うらら
/キュアレモネード
 CV:伊瀬茉莉也

最年少のうららは、腰の大きなリボンと膝丈のスカートがやや幼さを感じさせる、可愛らしいデザイン。


秋元こまち/キュアミント
CV:永野 愛

小さめのリボンを多く使用したこまちのドレス。控えめで上品な彼女らしさが出ています。


水無月かれん/キュアアクア
CV:前田 愛

袖と裾の大ぶりのレースがゴージャス☆
華やかなかれんにピッタリ!


ミルク
CV:仙台エリ

ミルクだって女の子。もちろんドレスアップしています?
ポイントはストールと蝶のブローチ。

ココ&ナッツも華麗にドレスアップ☆ 2人の王子様姿にドキドキ?

こちらもスタッフ陣が「王子様」を追求した、こだわりのデザイン。ちなみに、もふもふ姿の王子様ルックもチョコットだけ登場。お見逃しなく!


ココ  CV:草尾 毅

白い手袋に白いマント、肩には金のモール。童話に出てきそうな、まさに“絵に描いたような王子様”スタイル。

ナッツ  CV:入野自由

ココに対し、こちらは中世ヨーロッパ風の王子様といった感じ。2人とも、さすがパルミエ王国の王子様。バッチリ着こなしちゃってます?

CAST
夢原のぞみ/キュアドリーム:三瓶由布子
夏木りん/キュアルージュ:竹内順子
春日野うらら/キュアレモネード:伊瀬茉莉也
秋元こまち/キュアミント:永野 愛
水無月かれん/キュアアクア:前田 愛
ココ:草尾 毅
ナッツ:入野自由
ミルク:仙台エリ
STAFF
監督:長峯達也
脚本:成田良美
キャラクターデザイン:川村敏江・爲我井克美
作画監督:爲我井克美
美術監督:行 信三

(c)2007 映画Yes!プリキュア5製作委員会


プレゼントコーナー!!!

今回、インタビューに答えてくださった三瓶由布子さんのサイン入り、『映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』ポスターを抽選で2名様にプレゼント!!
どしどし応募してね♪

◆募集期間:2007年11月8日(木)~12月9日(日)24:00まで


※応募は終了しました。多数のご応募ありがとうございました!

※画像はイメージです。
(提供:東映アニメーション様)






 

キーワード:

劇場版 空の境界
灼眼のシャナII
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.