30年たっても息はぴったり!『銀河鉄道999 ダイヤモンドリングの彼方へ』アフレコ終了後に野沢雅子、池田昌子、肝付兼太らにインタビュー!

 

2009年8月4日から開催が決定している映画祭や、9月9日にシリーズ初のBlu-rayの発売など、第1作劇場公開から30年を迎えて盛り上がりを見せている『』の新作映像が制作される。これは、鹿児島県と財団法人日本宇宙少年団が、「宇宙・鉄道・夢」をテーマに、7月22日に皆既日食を迎えた鹿児島からはじまる壮大なオリジナルストーリーとして、イベント用アニメーション『 ダイヤモンドリングの彼方へ』を制作するもの。
作品は999秒(16分39秒)で制作され、2009年9月9日に開催される「銀河鉄道999映画祭 in 鹿児島」での公開を皮切りに、鹿児島県内の様々な場所で上映を予定しているとのこと。

今回、新作アフレコのため、30年ぶりにメインキャストである野沢雅子さん(星野鉄郎役)、池田昌子さん(メーテル役)、そして肝付兼太さん(車掌役)が30年ぶりに集結してのアフレコとなった。その収録直後に、オリジナルキャストとして出演する女優・足立梨花さん(NHK「ふたつのスピカ」に出演中)を加えて、お話を伺った。


左から肝付兼太さん、池田昌子さん、野沢雅子さん、足立梨花さん

――久しぶりにそれぞれの役を演じた感想はいかがでしたか?

野沢雅子さん(以下 野沢):久しぶりなんですけれども、私の中では常に走っちゃっているから、久しぶりという感じはしないんですよね。みんなの前に出られてうれしいな、とうことはあります。

池田昌子さん(以下 池田):本当に30年ぶりということがウソみたいで、ついこの間みんなと会ったような気がしました。みんなでスタジオに入って、マイクに入った時にも、みんな30年前と同じところに立つんですよ。だから、ちっとも30年という年月があまり実感としてありませんね。もちろん、本当に久しぶりに会えてうれしいんですけれども、みんな変わっていませんし、ついこの前会ったばかり、という感じはしました。

肝付兼太さん(以下 肝付):僕は郷里が鹿児島なので、今回のお話は999が鹿児島に来たということがとても嬉しくて、ワクワクしています。

――足立さんはアフレコも初めてだったのですが、演じてみての感想はいかがでしたか?

足立梨花さん(以下 足立):初めてですごく緊張してしまい、途中で(地の)関西弁が出てしまい、皆さんには迷惑をかけてしまいすみませんでした。
野沢:いいのよ、大丈夫だったわよ。

――30年ぶりにそろってもアフレコでは息もぴったりという感じでしたか?

野沢:それはもう、一瞬にして戻りますよね、その時代に。マイクに立つ位置も同じですし、座る椅子も同じだったりして。30年の時が流れているということを全然感じませんでしたね。
池田:でも、その時代に生まれた子供がもう30歳になっていると思うと、あ、すごい、と思いますが、私たちの中ではそんなに時は流れていませんよね。
野沢:宇宙にいますから、時間が止まっているんですよ。(笑)
肝付:今日もまわりにキャストがたくさんいらっしゃったんですが、僕たちが(999を)はじめたころには誰も生まれていなかったということが判明して、少し悲しかったですね(笑)。

――今回の新作の見どころを教えてください。

肝付:やはり、999ですよ。
池田:そうですね。絵だけを見ても走ってくる音が聞こえてきそうなんですよね。
野沢:999が小さい点からどんどん大きくなっていくところはドキドキしますね。

――今回の足立さんとの共演はいかがでしたか?

池田:フレッシュでいいですね。
肝付:背が高くて、お顔が小さくて、前から見ても後ろから見ても楽しめます(笑)。
足立:ありがとうございます。

――足立さんは今回共演できていかがでしたか?

足立:アニメできていた声だと思って緊張してしまい、今隣にいるだけでもドキドキしています。

――足立さんはどのような役を演じられたのですか?

足立:宇宙飛行士を目指している翔の妹役を演じさせていただきました。兄の夢を応援する役ですね。

――足立さんは宇宙に関するお仕事が続いていますね。

足立:そうですね。以前よりは宇宙に興味を持てましたし、いろいろな疑問も増えたので調べてみようと思い始めました。

――鹿児島へは行かれたことがありますか?

野沢:肝ちゃんはもう、出身地だもんね。
肝付:いや、でも僕はご幼少のみぎりに東京に出てきてしまいましたので、そんなに詳しくはないんですけれども。
池田:あれでしょ、鹿児島の名家の由緒正しい由緒正しい家柄なんですよね。
肝付:なんだか、メイカって言うとなんだかお菓子みたいだね(笑)。

池田:私は夫の実家が鹿児島なものですから、桜島が噴火した直後に行きまして、かなり離れたところだったのですが灰が積もっていて…地元の方には申し訳ないんですが変に感動したことを覚えています。

肝付:鹿児島の方ってお酒が強いじゃないですか。うちの父も酒が好きで、将来の夢は樽からゴムホースで酒を飲むことでしたね。で酔っぱらうと鹿児島弁でしゃべるんですが全然わからなくて、子供のころは「うちの親父は外国人じゃないか」と思っていました。
池田:私も結婚後に初めて鹿児島に行ったときには、本当に外国語でしたね。地元の方同士のお話が一言もわかりませんでした。

野沢:999をやっていたころはイベントで全国を縦断していたんですが、鹿児島には行っていないんですよ。北海道へは行きましたし、九州もいろいろなところへ行ったんですが、鹿児島だけが何故か行けなかったんですね。なのですごく行きたいんですよね、鹿児島へ。イベントなどで行ける機会があるといいな、と思います。

足立:私は鹿児島にも行ったことがありませんし、九州地方へも、その他の地方へも行ったことがないので、これから行きたいな、と思っています。
野沢:全国縦断したいよね。(笑)

――30周年を迎えて、これからやってみたいことはありますか?

野沢:(999を)走らせてみたいですね。改めてまた、鹿児島から出発して色々な星に行ってみたいです。

――ありがとうございました!

【作品情報】
『銀河鉄道999 ダイヤモンドリングの彼方へ』
本編 16分39秒(999秒)
「銀河鉄道999映画祭 in 鹿児島」(2009年9月9日開催)にて公開

【STORY】
2009年7月22日。皆既日食を迎えた鹿児島に、999が到着した。
宇宙飛行士を夢みる少年・翔に鉄郎は999 のパスを渡し、言った。
「これを使えるかどうか、それは君次第だ。」
そして2035年。日本では26年ぶりの皆既日食を迎えるこの年、翔は・・・。

【STAFF】
原作:松本零士
脚本:成田良美
監督:石黒育
アニメーション制作:東映アニメーション
企画:鹿児島県・観光かごしま大キャンペーン推進協議会
財団法人日本宇宙少年団

【CAST】
星野鉄郎:野沢雅子
メーテル:池田昌子
車掌:肝付兼太
オリジナルキャラクター : 足立梨花 桜塚やっくん
ほか

【関連リンク】
「銀河鉄道999」Blu-ray HP
http://www.toei-video.co.jp/BD/999.html

「銀河鉄道999」劇場公開30周年!Blu-ray発売、「銀河鉄道999 映画祭」開催決定など、企画目白押し!

©松本零士・東映アニメーション
©東映・東映アニメーション

 

キーワード:

プレセペ特集『グイン・サーガ』にて堀内賢雄、中...
『鋼殻のレギオス』キャラクターソング集「Chrome ...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.