割り切れない感じが大事――「四畳半神話大系」浅沼晋太郎さん(「私」役)インタビュー

 

4月からフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送中のTVアニメ「四畳半神話大系」。
森見登美彦原作作品初のアニメ化作品で、様々な分野で活躍するクリエイターたちが集結して生み出されるその映像は、見れば見るほどその奥深さにはまりこんでいくような錯覚すら覚える。

そんな本作の主人公「私」を演じるのは浅沼晋太郎さん。
ナレーション部分も担当していることから、作中のセリフ(ナレーション)も圧倒的に多い。
そんな浅沼さんに現場の雰囲気や演じるにあたっての心がけなどを伺った。

――今回、「私」役に決まった経緯をお聞かせください。

浅沼晋太郎さん(以下 浅沼):オーディションを受けたときに、とにかく早口を求められたんですよ。「もう少し早く出来る?」と言われ、限界まで早口に挑戦したのを覚えています。その時には原作を読んでいなかったので、「どういうオーディションなんだろう?」と(笑)。オーディションというと掛け合いをしたり、声のバリエーションを見られたり、ということはあるんですが、早口を試されたのは初めてだったので、独特だなぁ、と思っていました。
まっさらな気持ちでオーディションを受けたかったので、あえて原作を読まないでオーディションに臨んだんですが、そんなこともあって、オーディション後、結果が出るまでの間に原作を読み始めたんです。そうしたらとても引き込まれる作品で。文体、キャラクターを含め魅力的な世界観だったので、これは是非受かりたいな、と思いました。決まったときにはすごく嬉しかったですね。

――早口も含め、かなり難易度の高い役だと思いますが、心がけていることなどはありますか?

浅沼:ナレーションの部分と主人公である「私」自身が、小津や明石さんと会話するところは演じ方を変えています。ナレーションは感情を殆ど出さずに、抑揚もなく力を抜いて、お経や環境音楽のように…とにかく流れるように読んで欲しい、というリクエストを受けていました。ナレーションの苦労と言うとそこですね。頭に残らないようにしゃべるというか…普通のCMのナレーションとは少し違うんです。CMだと商品の名前や企業の名前や売りどころを立てるじゃないですか。この作品のナレーションは何一つ立てずに、出来る限り息継ぎもせず読む、という。かといって、何を言っているか分からなさ過ぎるのも困りますし…やってみて実感したんですが、力を抜いてしゃべると滑舌が甘くなるんですよ。はっきりしっかり1文字1文字大事にしゃべろうとすると、口にしろ腹筋にしろ力が入っちゃうんですが、それを出してはいけないので、滑舌と力の配分との戦いという感じですね(笑)。

――セリフの量も多いですよね。

浅沼:膨大ですね。しかも「このカットからこのカットまでの間に収めないといけない」という状況で、ちょっとでも息継ぎの場所を間違えたらNG、という大変な現場です。
最初のうちはカンをつかむのも大変でしたが、最近では、時折「早すぎる」と言われるようになったので、以前よりは慣れてきたかもしれません。でも、慣れてはいけないとも思っているんですよ。「私」というキャラクターは決して成長してはいけないキャラクターなので、慣れてはだめだな、と思っています。

――「四畳半神話大系」という作品に対して、浅沼さんが感じた印象は?また、演じていて変わってきたところなどがあればお聞かせください。

浅沼:原作からアニメに、という意味ではいい意味で裏切られたので、印象が変わったというよりは、すごくいいプラスαになっているんじゃないかな、と思います。プラスアルファどころかプラスβ(ベータ)かγ(ガンマ)か、というところです。(笑)。
この作品は「割り切れない感じ」が大事なのかな、と思っています。例えば主人公の「私」はモラトリアムというか、大人だけど大人になりきれていないキャラクターですし、原作も日常的な部分とファンタジーの中間の割り切れないところにあって、さらに(本作の舞台である)京都は現代でありながら昔の雰囲気を今もなお残している場所ですよから。中村佑介さんのデザインも、ポップでありながら懐かしさを感じるという…どちらにも寄らない、割り切れない感じが大事なところじゃないかと思っています。

――浅沼さんは京都にまつわる思い出はありますか?

浅沼:僕は普段脚本も書いているんですけど、京都にはロケハンで行ったりとか、新撰組の舞台を書く時にお墓参りをしたりしました。京都は見る度に発見があって面白い街だな、と思っています。その雰囲気が、「四畳半神話大系」にはうまく表現されているな、と感じていて、観光ガイドにもなるんじゃないか、と思いますね(笑)。ちなみに、僕の好きな場所は先斗町です。「なにこれ、セット?」と思いました。あと、石塀小路も好きですね。


――アフレコ現場の雰囲気はいかがですか?印象的なエピソードなどありましたら合わせてお聞かせください。

浅沼:吉野裕行さんがすごく楽しんでらっしゃるなぁ、と(笑)。何度か一緒にお仕事をさせていただいているんですが、原作をうまくアレンジしていることに吉野さんがとにかく感心していて、「うまいことやるよなぁ」と毎回言っていますね。


アフレコ現場に登場した
「四畳半ケーキ」

あと、スタッフさんがこの作品を愛しているということがすごくわかるんですよ。例えば、諏訪部順一さんと坂本真綾さんの誕生日がすごく近かったんですが、そのお祝いに作品のロゴをあしらった“四畳半ケーキ”が出てきたんですよ。他にも、監督のお誕生日には同じロゴをお花で作ったものや、モリカゲシャツという、明石さんや「私」が着ているシャツをプレゼントされたり、アフレコ現場にカステラや、第四話でも出て来た、脚本の上田さんのご実家で作られているコンパラスクがあったり…「ああ、あれだ!」というものが現場にいっぱい出てくるんですね。スタッフさん自身が原作やアニメのファンであるということがすごく伝わってきて、「愛されているな」と感じています。僕は東京に出てきた時に姉と一緒に住んだので、四畳半で暮らしたという経験はないんですが、「この時の自分の世界って、せいぜい四畳半みたいな狭さだったよね」というのがこの作品だと思うんです、きっと。学生時代の自分って、このぐらいの思慮の狭さや交友関係だったんだな、ということだと僕は把握しています。
「私」のエピソードとして映画サークルの話がありましたが、僕は美大で映像を専攻していたので、フィルムを切って張る作業なんかを「懐かしいな」と思って見ていました。
あと、7話でヒーローショーのバイトをする、という話があるんですが、僕も学生時代にそれをやっていたんです。高校時代から大学時代までやっていたので…そういう意味で、すごく通じるところがあるな、と。さすがに小津みたいな友達はいなかったですけれども(笑)。
今よりもあの時って割とアクティブだったな、と思います。世界が狭かっただろうに、それこそ自転車1つでどこまでも行くようなバイタリティがあった。今あの頃のようなエネルギーがあるかな、と。今は四畳半以上の世界がありながらじっとしている感じがしていますね。十二畳ぐらいの広さがあるのにTVの前から動かない、みたいなイメージ(笑)。

――ちなみに、浅沼さんが作中に出てくるサークルに入るとしたら、どこがいいですか?

浅沼:ソフトボールサークル「ほんわか」はぶっちゃけ、ソフトボールやってないですよね(笑)。かなりギリギリのところを描いていますが。サイクリングサークル「ソレイユ」には入らないと思いますが、バードマンはちょっと興味があります。ただ、僕は完全に文系なので、あの航空力学的な部分は合わないと思うので、仮装飛行部門、のようなところに行っちゃうと思います。でも、やっぱり映画サークル(「みそぎ」)に落ち着いちゃうんだろうな。


ジョニーの設定画は東京国際アニメフェアの
ステージで発表され話題となった

――ご自身の演じられているキャラクター以外で好きなキャラクターは?

浅沼:みんな好きですね。全体的にうまいキャラクター配分だと思います。他にも魅力的なキャラクターはいっぱい出てくるので…ああ、ジョニーは凄いです!ジョニーの回の収録はすごく楽しかったです。「私」が発散出来なくて、溜め込んで溜め込んで…というキャラに対して、ジョニーは発散しかない、というキャラなんです。その真逆なところがすごく面白いですよ。なので…ジョニーということで。(笑)

――最後に、作品をご覧になっているファンの皆様にメッセージをお願いいたします。

浅沼:もともと“ノイタミナ”のコンセプトだとは思うのですが、普段アニメを見ないという方はもちろん、日ごろアニメを見ていらっしゃる方にもすごくクセになる作品だと思います。リアルタイムで見られる方も、ぜひ録画して観て欲しいです。あるいは、DVDで観ていただければ。というのも、伏線がすごく散りばめられていて、演じているキャスト自身が「これってアレだ!」というところが多々あって、そこを楽しむとさらに立体的に楽しめると思いますので。
是非、「クセになる」という感覚を楽しんでください。

『四畳半神話大系』
毎週木曜24:45よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送
関西テレビ毎週火曜25:29~、東海テレビ毎週木曜26:15~、BSフジ毎週土曜25:00~放送!
公式HP: http://yojouhan.noitamina.tv/
(C)四畳半主義者の会
DVD(3,990)&Blu-ray(5,040)第1巻8月20日リリース。
発売元:アスミック/フジテレビ  販売元:東宝

「四畳半神話大系」関連商品を見る style=

 

それぞれのキャラに深いバックボーンがある!TVア...
「四畳半神話大系」浅沼晋太郎さんが語るキャラク...
 
 
 
 

プレセペのサービス

 

アニメニュース

アニメの情報を中心に、様々な情報を掲載。

ほぼ毎日更新!気になる最新情報をチェック!

新作アニメ情報

タイトル別に、作品内容や関連情報を掲載中。

好きな作品の情報をゲットしよう!

アニメショップ

DVDやフィギュア・グッズなどを購入出来ます。

ショップ会員になればポイントも貯められる!

アニメコミュニティ

アニメ好きが日夜コミュニケーション中!

新規登録は無料!今すぐ参加しよう!

コメント投稿

コンテンツにコメントを投稿が出来ます。

どんどん書き込んで、みんなで楽しもう!

 
 
 
 

Copyright © ralabo Inc. All rights reserved.